ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

カテゴリ: 書籍・雑誌

2018年6月に読んだ小説は

中村文則 私の消滅

恩田陸 蛇行する川のほとり

若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも

門井慶喜 銀河鉄道の父

伊吹有喜 なでし子物語

の5冊でした☆



中村文則 私の消滅

中村文則氏 教団XやR帝国がおもしろかったので、読んでみましたが、
これは、組織の狂気ではなく、個人の狂気。それに巻き込まれていく人々のお話。

精神科の薬やセラピーで、記憶が無くなったり、書き換えられてしまう

個人のアイデンティティとはなんなのか? というテーマ。

そして話が複雑! だれの語りなのか、どこからが事実でどこが嘘なのか、

2,3度読まないとわからない(ワタシだけ?)。

ネットの解説を頼りに読みました(汗)

私の消滅
中村 文則
文藝春秋
2016-06-18




恩田陸 蛇行する川のほとり

久しぶりの恩田陸さん♪

表紙の絵が素敵だったので、手に取りました(図書館で)。

美人でお金持ちの女子高校生4人、男子高校生2人の一夏の物語。

それぞれ過去があり、訳ありみたいなんですが、最後までわかりません。

最後の最後で、こういうことだったのか〜 とわかる仕掛け。

そしてこれってミステリーだったんだ〜 とわかるのでした。

彼女たちが、親なしで、川辺のお屋敷で過ごす数日間の生活のディテールが素敵で、

女子の細かい心理描写はさすがです。



蛇行する川のほとり
恩田 陸
中央公論新社
2004-11




若竹千佐子 おらおらでひとりいぐも


芥川賞作品。著者は63歳で小説家デビュー。その処女作だそうです。
素晴らしい!!

74歳の桃子さんは、20代で東北から上京。結婚し、子育てをし、
最愛の夫に先立たれ、一人暮らしをしています。

人生の秋(冬?)を迎えた桃子さんの独言が、なぜか東北弁になってしまうのです。

彼女の内面の旅を描いた作品。

若い頃を振り返り(というか勝手に記憶が過去に遡る感じ)
自分との対話を繰り返していきます。

最後にたどり着いた境地、その描写が圧巻でした。

だれにも奪われない自由、喜びっていうのかなあ。

東北弁がすごく効いているのです。

ワタシが「おらおらでひとりいぐも」の境地に達するのは、
いつのことになるのかな〜と思いながら(だいたい、達するのか?)
読みました。





門井慶喜 銀河鉄道の父

直木賞作品。タイトルに惹かれて楽しみに読みました。

銀河鉄道の夜の著者、宮澤賢治の父、の物語。

父からみた、賢治、家族。

宮澤賢治がどのような家系に生まれ、どのような人生を送ったのかがわかります
(もちろん創作も含まれているのでしょうが)

父親の視点だけあって、淡々と、客観的に、でも、心のうちもていねいに描いています。

堅実に商売をしていた父からみると、長男である賢治の性質を見抜き、それを受け入れるのは、

たいへんなことだったと思います。

賢治は、商売でなく、学問、そして信仰と芸術の道に入っていった。

それを受け入れることの葛藤やぶつかりあいもあったのですね。

賢治の姉の死を悼んだ詩 永傑の朝 が有名ですが、その詩の背景がわかって感動。

お姉さんは大変優秀で、日本女子大に入学。卒業の頃に結核に倒れ、24歳で他界されたのですね。

賢治自身も、父母に看取られ、37歳で逝去。

そのときの様子も詳細に描かれ、涙を誘います。








伊吹有喜 なでし子物語

伊吹有喜さんは、「四十九日のレシピ」を読んだことがありましたが、

これは、むすめが持っていた本。ぜひ読んで!と言われ、読みました。

心が温まり、じんわり元気のでる良い作品でした!

父を亡くし母に捨てられ、祖父に引き取られたものの、学校ではいじめに遭っている耀子。夫を若くして亡くした後、舅や息子と心が添わず、過去の思い出の中にだけ生きている照子。そして、照子の舅が愛人に生ませた男の子、立海。彼もまた、生い立ちゆえの重圧やいじめに苦しんでいる。時は一九八〇年、撫子の咲く地での三人の出会いが、それぞれの人生を少しずつ動かしはじめる―『四十九日のレシピ』の著者が放つ、あたたかな感動に満ちた物語。


1980年、昭和が舞台の作品で、昔から商売をしていたお金持ちの家の別邸ー静岡、峯生の常夏荘という別邸を舞台に繰り広げられるしみじみとしたお話。

大人の都合で、寂しい思いをしている耀子(ようこ)と立海(たつみ)。

ふたりは学校へ行けなくなり、常夏荘で家庭教師とともに、夏〜秋を過ごします。

嫁である照子は、夫に先立たれ、東京にいる息子とも疎遠になり、ひとり、常夏荘で、使用人をとりしきる「おあんさん」を務めています。

耀子と立海が、家庭教師の先生やそこで働く人々、照子に支えられて、

人間らしい生活を送り、自然のなかで癒されて、成長していく姿がいいのです!

最後は少し寂しいのですが、明るい未来が待っている予感がして終わります。

古き良き、昭和のお話、という感じで、読後感がとても良かったです♪









ブログランキングに参加しています
ワーキングマザー育児のロゴをクリックよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




2018年5月に読んだ小説は、

〇芹沢央 いつかの人質

〇東野圭吾 マスカレードナイト

〇桐野夏生 夜の谷を行く

〇今村昌弘 屍人荘の殺人

でした。

4冊中 3冊がミステリーという(笑)


芹沢央 いつかの人質

宮下愛子は幼い頃、偶発的に起きた誘拐事件に巻きこまれ失明してしまう。
そして12年後、彼女は再び何者かに連れ去られる。
いったい誰が、何の目的で?一方、人気慢画家の江間礼遠は突然失踪した妻、優奈の行方を必死に捜していた。
優奈は誘拐事件の加害者の娘だった。
長い歳月を経て再び起きた「被害者」と「加害者」の事件。偶然か、それとも…!?
急展開する圧巻のラスト。大注目作家のサスペンス・ミステリー。

芦沢央さんを読んだのは初めてです。きれいな若い女性なのですね♪

4歳の子どもが、ショッピングセンターで母親とはぐれていなくなってしまう。。。

というスリリングな書き出し。

その運命のいたずら、というのでしょうか。

偶然が偶然をよび、意図していなくても「加害者」になってしまった人々。

「加害者」と「被害者」の再会。それは偶然なのか。。。


というぐいぐい、と引き込まれるストーリーです。

他の作品も読んでみたくなりました!



いつかの人質 (角川文庫)
芦沢 央
KADOKAWA
2018-02-24






東野圭吾 マスカレードナイト

マスカレードホテル、マスカレードイブに続く第三弾。

ホテルを舞台にした「殺人予告」の事件。

できる女性、今回はコンシェルジュとなったホテルウーマン山岸と、刑事でホテルマンに扮する新田。

このコンビ、そして他の刑事も活躍。

ホテル側の人物、上司なども個性的。

今回はなかなか複雑でしたが、おもしろかったです!

登場人物が多く、キャラが立っていて、だれが犯人なんだろう?

さいごまでわかりませんでした! 

そして、山岸のプロフェッショナルな仕事ぶりに感心。

お客様の無理難題になんとしても応えるー無理という言葉は禁句なんだそうです。

すごすぎる!

このシリーズ、今後も続きそう・・・続いてほしいです!









桐野夏生 夜の谷を行く



連合赤軍がひき起こした「あさま山荘」事件から四十年余。
その直前、山岳地帯で行なわれた「総括」と称する内部メンバー同士での批判により、12名がリンチで死亡した。
西田啓子は「総括」から逃げ出してきた一人だった。
親戚からはつまはじきにされ、両親は早くに亡くなり、いまはスポーツジムに通いながら、一人で細々と暮している。かろうじて妹の和子と、その娘・佳絵と交流はあるが、佳絵には過去を告げていない。
そんな中、元連合赤軍のメンバー・熊谷千代治から突然連絡がくる。時を同じくして、元連合赤軍最高幹部の永田洋子死刑囚が死亡したとニュースが流れる。
過去と決別したはずだった啓子だが、佳絵の結婚を機に逮捕されたことを告げ、関係がぎくしゃくし始める。さらには、結婚式をする予定のサイパンに、過去に起こした罪で逮捕される可能性があり、行けないことが発覚する。過去の恋人・久間伸郎や、連合赤軍について調べているライター・古市洋造から連絡があり、敬子は過去と直面せずにはいられなくなる。
いま明かされる「山岳ベース」で起こった出来事。「総括」とは何だったのか。集った女たちが夢見たものとは――。啓子は何を思い、何と戦っていたのか。
桐野夏生が挑む、「連合赤軍」の真実。(BOOKデータより)

桐野夏生さんは、すごく好きな作家♪

これも期待を裏切らない作品でした。

今月は、これがいちばん良かったかな〜 感激しました!

浅間山荘事件などを起こした連合赤軍。

テレビでかすかにみた記憶があります(年がばれますね。汗)

その連合赤軍の起こした他の事件(山岳ベース事件など)にかかわっていた女性の40年後の物語。

ドキュメンタリーなの?と思うぐらい、史実に基づいた部分も大きいようです。

2011年2月に主犯格の永田洋子死刑囚が獄死し、その直後に3.11が起こる。それは史実。

大きな歴史の区切りの時でもあったのかなと思われるほど。

主人公 西田啓子63歳は、刑務所を出てから、ずっとひとりで生きてきました。

開いていた学習塾を閉じてから、それほど高くないジムと図書館に通い、ときどき、実の妹と姪とかかわるくらいの毎日。

女性の老後、としてすごくリアル! 

ワタシも退職したら、ジムと図書館通いになりそう(爆)

自分の未来に重ね合わせて読んでしまいました!



だけど、「内容紹介」に出ていた「連合赤軍の真実」、という言い方はどうなんだろう?

あくまで著者が想像した、真実のひとつ、こういうストーリーもありえた、ということだと思います。

「連合赤軍の真実」を知りたい方には、物足りないというか、がっかり、となるかもしれません。

ただ、ひとりの平凡な女性(たぶん)が、連合赤軍に求めたもの、そこで体験したこと、その後の人生に及ぼした影響。。。

ひとりの女性の物語、として読むのが楽しめると思います。

ある意味、PTSDの話、といえるかも。

だからこそ、最後は、癒しへの道筋がみえたところでおしまい、となるのではないでしょうか。。。

賛否があるみたいだけど、ワタシにとってはとても納得のいく終わり方でした♪


夜の谷を行く
桐野 夏生
文藝春秋
2017-03-31









今村昌弘 屍人荘の殺人



神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた。
合宿一日目の夜、映研のメンバーたちと肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる。
緊張と混乱の一夜が明け―。部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される。
しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった…!!
究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?!
奇想と本格ミステリが見事に融合する選考委員大絶賛の第27回鮎川哲也賞受賞作!



この人の作品も初めて。ミステリー好きにはたまらない本格的ミステリー&すごい発想のストーリーなのでしょう。おもしろかった!


一人一人の心理の奥行き、ということはあまり感じられませんが、ミステリー、トリックとして、かなりおもしろいです。

天才的な探偵少女が、最後に、難なく、謎をすいすいと解いてしまうところが、ちょっとあれ?でしたが。

こんなにわかるのなら、事件を防げたのでは? でもそれだとお話にならないしね。。。





屍人荘の殺人
今村 昌弘
東京創元社
2017-10-12





ブログランキングに参加しています
ワーキングマザー育児のロゴをクリックよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村






このページのトップヘ