昨日は、夕方、保育園時代のママ友と久しぶりにお茶し(後述)

夜は、家族で10年ぶりぐらいの友人家族と食事しました。

その家族とは、お互いのむすめが生まれた頃からの知り合い。

むすめたちがもう20歳になるなんて感無量だね〜と言い合いました。
むすめ同士も意気投合していました^^



で、お題は、保育園時代の息子の親友ママとのお茶です。

2年ぶりぐらいでしたが、ゆっくり話せてうれしかった〜

保育園時代5年間はいつも二人でいた、息子にとっては無二の親友。

でも、学区が違うので、別々の公立小から別々の公立中へ進みました。

中学では、二人ともサッカー部に入ったので、たまに試合で顔を合わせていたようです。

でも、互いに話しはせず、「〇〇がいたよー」というぐらい(苦笑)。

男子はシャイですね!


ママとは、中間地点のカフェで落ち合い、ケーキセットをいただきながら、

部活のこと、学校のこと、塾のこと、受験のこと。。。と話題は尽きず、でした^^



部活は、学校(指導者)によって、違いがある、というのは理解していましたが、

驚いたのは、授業のやり方、宿題の出し方、などが、となりの公立中学とは

かなりの違いがある、ということ!


うちの中学は、宿題がほぼ出ません。夏休みのみ、そして定期テスト時にワーク(問題集)を各自がやって提出する、のみです。

でも、おとなりの中学は、ほぼ日常的に宿題が出る。

夏休みやテスト時のワーク提出はもちろんあり。


また、数学だと思いますが、3段階の習熟度別授業があるとのこと!

息子の学校は、中1のときは、習熟度別ではない(笑)、少人数授業はあったようですが
(クラスを2つに分けての授業)、中2では、なくなったとのこと。


たしかに、友人の行ってる中学の地域は、わが家の周辺よりも、

裕福な地域で、教育熱心な感じがします。

帰国子女もバンバン転入してくるので、

英語のレベルが高く(英検準1級がゴロゴロいる)

良い成績をとるのが難しいとのことでした。

公立中、同じ区内で、ちょっと学区が変わるだけで、けっこう違いますね。。。



そして、これは家庭のことですが、

友人中学のサッカー部員のなかには、

塾を2つ掛け持ちしている子も少なくない。

ママが車で学校にお迎えにきて、部活帰りにそのまま塾へ、という子も少なくないそうです。


うちの学校では、、、、たぶんないな(笑)。




友人の学校は、沿線の急行が止まる駅にあり、

うちは、各駅停車の駅にあります。

その違いはこの沿線ではけっこう大きい、と学校の先生から聞いたことがあります^^


うちは、沿線のなかでは、比較的のんびりした学校。

学年4〜5学級、と多すぎず少なすぎず、

ガツガツしてなくてマイペースな息子には、ここが合っていたな、と改めて思いました。



友人ママとは、お互いの子どもの志望校(いまのところの)をシェアし、

情報交換もできました。

同じ学校のママとは、子どもに伝わったら困るので、そこまではできないかも。。。

なので、ちょっと離れた地域のママ友との情報交換、貴重です!


受験のことは、親として心配だけど、

子どもはもう自分の意志を持っていて、

受験についても、素直に親のいうことに従う年齢ではないので、

親のできることは限られる。

環境を整えるぐらいしかできないね〜 と言い合いました。

とにかく話せてよかった〜 またお茶したいです^^



ブログランキングに参加しています
ワーキングマザー育児のロゴをクリックよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村