村山由佳の ダンス・ウィズ・ドラゴン を読みました。

舞台は井の頭公園の奥にある、夜しか開館していない図書館。

そこに導かれた男女が経験する、不思議な物語。。。。

出だしはとっても面白く引き込まれました!

愛と喪失、幼児期の辛い記憶、

いにしえのスピリチュアルな生物(ドラゴン)、夢、図書館。。。

といったモチーフは、

なんだか、村上春樹(海辺のカフカ)と、ゲド戦記が混じったような

すんごく深い物語を想像させるのですが。。。

とっても期待して読み進んだのだけど、

う〜ん どうなんでしょう?

もひとつ深みが欲しかったな〜という気がしなくもないです。

章の始めに出てくるエピグラフーラテン語?の格言、などは

雰囲気を出していてなかなかよいな〜と思いましたが。。。

村上春樹もそうですが、読者を選ぶというか、

好き嫌いが分かれるかな〜と思います。

村山さんの小説はこれが初めてなので、

せっかくだから、もう少し読んでみようかな。。。

 

B009TKGE02 ダンス・ウィズ・ドラゴン
村山 由佳
幻冬舎  2012-05-25

by G-Tools



ポチッとよろしくお願いします♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村