久しぶりのこのコーナー(笑)。今月読み終えた本の覚え書きです。今月は小説が多かったな…

 一押しは、梨木香歩さんの「丹生都比売」(におつひめ)。アマゾンで画像はないですが、カバーもとっても趣があって素敵。飛鳥時代、持統天皇の息子、草壁皇子をめぐる物語。壬申の乱のお話ですが、歴史小説というのではなく、草壁皇子のたましいの遍歴です。日本人の霊性(スピリチュアリティ)の原点てこんな感じかなあ、な〜んて、詳しいわけではないけれど、思ってしまいました。静かで美しい物語。

丹生都比売 丹生都比売
梨木 香歩

原生林  1995-11
売り上げランキング : 74665
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 たましいつながりで…次は、ユング心理学者ヒルマンの「魂のコード」。ぶあつくて読むのが大変でしたが、なんとか読了。
 異色の子育て本ともいえるかも!? 有名人の子ども時代のエピソードが興味深いです。人間はひとりひとり生まれ持った才能〜召命がある。両親が子どもに与える影響力なんて幻想だ、とか、家庭での父親の不在には肯定的な意味がある、とか、常識を覆すような、ラディカルな意見が満載。

魂のコード―心のとびらをひらく 魂のコード―心のとびらをひらく
James Hillman 鏡 リュウジ

河出書房新社  1998-04
売り上げランキング : 82683
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 河合隼雄先生との対談を読んで、興味をもった吉本ばなな。遅ればせながら初めて読みました!
 「つぐみ」は初期の作品ですね。うちの子にも高校生ぐらいになったら読ませたい、と思いました。
 「不倫と南米」旅行して書いた作品。南米(アルゼンチン)の写真もたくさん載っていて楽しい。物語的には、南米という必然性はあまり感じなかったけど… 短編集で読みやすいです。サブマリーノというチョコレートドリンクが飲みたくなりましたー!

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫) TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)
吉本 ばなな

中央公論社  1992-03
売り上げランキング : 41900
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
不倫と南米―世界の旅〈3〉 (幻冬舎文庫) 不倫と南米―世界の旅〈3〉 (幻冬舎文庫)
吉本 ばなな

幻冬舎  2003-08
売り上げランキング : 26467
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools