今年も、昨年同様、1年間に読んだ本は70冊あまりでした。

1週間にに1.5冊という感じかな?

電車ではスマホを見る時間も増えたし(汗)
家では、テレビドラマやHuluを見る時間が増えました(汗)

そのわりには、ここ数年と同じ70冊をキープできているのは
不思議な気もします。

読んだ本はほとんどが小説、あとは心理学・カウンセリング関係の実践本でした。


2017年に読んだ(出版されたものとはかぎりません!)
小説でとくによかったのもの10冊を
独断と偏見で選んでみました^^
(順位は付けがたいので、順不同です)

*ちなみに「レビュー」はそんなに詳しく書いてないです。
短め、一言感想です^^ よろしければどうぞ♪



辻村深月 東京會舘とわたし(上下)

レビューはこちら☆

東京會舘とわたし(上)旧館
辻村深月
毎日新聞出版
2016-07-30






東野圭吾 ラプラスの魔女

レビューはこちら☆

ラプラスの魔女
東野 圭吾
KADOKAWA/角川書店
2015-05-15





池井戸潤 アキラとあきら

レビューはこちら☆

アキラとあきら (徳間文庫)
池井戸潤
徳間書店
2017-05-17






村上春樹 騎士団長殺し(上下)

レビューはこちら☆







塩田武士 罪の声

レビューはこちら☆

罪の声
塩田 武士
講談社
2016-08-03





横山秀夫 64(ロクヨン)

レビューはこちら☆

64(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋
2012-10-01





山田宗樹 代体

レビューはこちら☆

代体
山田 宗樹
KADOKAWA/角川書店
2016-05-28





恩田陸 蜜蜂と遠雷

レビューはこちら☆


蜜蜂と遠雷
恩田 陸
幻冬舎
2016-09-23





サンドラブラウン コピーフェイス

レビューはこちら☆

コピーフェイス: 消された私 (新潮文庫)
サンドラ ブラウン
新潮社
2016-10-28





西加奈子 i (アイ)

レビューはこちら☆


i(アイ)
西 加奈子
ポプラ社
2016-11-30




以上の10冊です^^




<番外編>

小説以外の本はこれがよかった!


学校臨床に役立つ精神分析



学校現場に生かす精神分析
学校現場に生かす精神分析―学ぶことと教えることの情緒的体験
イスカ ザルツバーガー‐ウィッテンバーグ
岩崎学術出版社
2008-10-07



スクールカウンセラーなど、学校で個別相談だけでなく、
「学校の場の支援」をしていく立場にある人にとって、
すごく実践的で示唆の多い本だと思いました。

実際に生かしていくには、何度も読み返したり
ディスカッションが必要かもしれませんが。。。



来年も、図書館で予約して(笑)どんどん読んでいきたいと思ってます!!