ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2019年06月

IMG_20190622_121353


週末は、息子の高校の保護者会でした。

先月にあった保護者会は、高入生の親だけのもので、
今回のは、全クラスの保護者会。全体会のあと、クラス懇談会の形式でした。

教室の子どもの席に座りましたが、親は全員出席でした(公立では考えられない。爆)

ここで、いろいろなものが先生から配られましたが、

おもなものは、成績票。

あれ、まだ前期終わってないのに。。と思いましたが、

おそるおそる開けてみると、

前期中間テストの成績が。5段階評定ではなく、テストの素点とクラス内順位が書いてありました。
そして、80点以上の科目には優という文字が。(昭和な感じですね♪)


成績票は、定期テストごとに作られる。つまり年四回。

そして、年四回の保護者会で、親に手渡される、というわけなのでした!
それもびっくりですね。

5段階評定は、年度末に付くみたいです、たぶん。

中間テストの結果は、息子からきいていたので、まあこんなものかと。

クラス内順位だけではなく、学年全体の点数分布図も配られて、
学年でも位置もだいたいわかるという。。。
わかりやすいですね。

分布図をみてびっくりしたのは、

内部進学生(中学から)は、特進クラスと、ふつうクラスに分かれいてるのですが、
そこは点数がみごとにはっきり分かれているということ。

内部進学生は二極化しているということです。

特進クラスは、高入生よりも、ずっと平均点が高い。
そして、内部進学のふつうクラスは、平均点が低い。

高入生は、その中間ぐらいでした。

高2からは、内部進学生と高入生が混じって、特進クラスを作るので、
どうなるかなあ。。。


さて、他に配られた書類は、健康診断の結果でした。

そこに封筒が二通。

なんだろう?と開いてみると。。。

まさかの、要検査、医療受診するように、との通知でした!

それも、3件ありまして。。。汗
ちょっとショック〜!!



虫歯(軽めのもの)1本

視力(0,5と0.4)

そして、脊椎側弯症(せきついそくわんしょう)の疑い。

受診してください、そして結果を保健室に出してくださいとのこと。

視力が落ちた、とは息子から聞いてましたが、

こんなに悪くなったとは。。。(中3の春は、両目1.0ありました)

でもまだ、コンタクトレンズにするほどではないと思うのだけど、
眼鏡は作ったほうがいいのかしら?

本人は、困ってないというのだけれど。



まあ、いままで、幼児期のアトピー、ぜんそく以外は、医者いらずの息子だったので、
この時期に医者に行っておくのもいいかもね。

ただ、ワタシも彼も忙しいのに3つの医療機関に行かなければならないのがね。。(涙)
土曜日も息子は、授業と部活あるので、夏休みになるかなあ・・・


側弯が心配ですが、

ワタシの整体の師にきいたところ、

整形外科は何もしてくれない、ただ、角度を測って診断するだけ。
経過観察して、
悪くなったら、装具をつけるだけ。

だから、一度見て、自分でできる体操を教えてあげる〜とのことで、少しホッとしました^^


あ、保護者会のあとは、サッカー部のママさん達とおしゃべりして一緒に帰ったりして、
疲れたけど、楽しかったですよ〜

ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




IMG_20181111_075048


高1の夏期講習、息子と話しあい、
今年はこれで行こうと決めました

まず、7月下旬は、学校の夏期講習

私立高校ならでは?で、充実してます

自由参加ですが
息子はマックスで取って

7科目x4コマ(1コマ75分)
合計28コマ

費用は合計10500円

教材費なしで
お財布に優しいです

それと、塾の夏期講習も。
英語と数学
各6コマ(時間は80-90分か?)
これは特待生のため無料!

あとは、宿題でもない限り、勉強しないと思うので
ちょうど良い感じかな

ただし、息子は部活優先にしたいとのことで
部活とかぶるときは講習を休むと。

そうね、まだ一年生
部活やりたいよね

部活の予定表もすでに配られましたが、
連続オフは5日間のみ

あとは、練習、練習試合、公式戦、合宿もあります

塾の夏期講習は夜なので、
部活+塾の日も多くなりそう

充実の夏になりますように♪

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




このページのトップヘ