ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2016年09月

2016年9月の振り返りです☆

(新企画! 毎月やるとは限りません。笑。気が向いたときかな)
 
 
P1300991
 
スポーツクラブ5回(うちヨガ3回)
ヨガ4回は行きたいのですが、週末予定が入るとなかなか。。。
 
週末ウオーキング  8月は休んでいましたが復活! 
2回でした。来月はもっと参加したい!
 
読書  小説6冊、専門書1冊
 
新規カウンセリング1件
 
アンガーマネジメント研修受講 1回
 
映画館 1回(君の名は。)
 
野球観戦 1回
高校文化祭 お手伝い含め3日間
 
ブログ、メルマガ配信 週1回
 
家族外食 2回
 
友人との食事会・飲み会 ゼロ!
→8月にバタバタとあったせいか、今月はありませんでした!
 
 
毎日お弁当3〜4個作って、8時に出勤して、
18時半頃帰宅して、
夕食作って、食べて、息子に宿題させて(笑)
だらだら過ごして、
お風呂入って寝る。
 
週に1〜2回は、息子(と友人)の塾の送迎。
週末は、まとめて食材の買い出し!
 
そんな毎日の繰り返しですが、
最近の楽しみは、
娘と夜おしゃべりすることです。
 
娘のフェイスマッサージ(アロママッサージ)をしてあげながら
友達のこと、勉強のこと、将来の夢(妄想?)などなど聴くのが楽しい!!
 
娘は大学卒業したら、家を出るだろうから、
あと4年ちょっとしか一緒に住めないと思うと
いまから寂しいです〜笑。
 
 
 

応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

きょうは、秋分の日。

わたしたちの結婚記念日です(正確にいうと、23日ですが)
今年は21周年でした〜
 
毎年思うけど、あっという間の21年。
結婚してから、そして子どもが生まれてからの
月日の経つのは早い!
 
家族みんな元気で仲良く(たぶん^^)過ごしてこられたこと、
ありがたいな〜と思います!
 
今日は夫婦で、映画&ランチに行くことに。
 
息子は 「いいなー 俺も一緒にいきたい!」と言いましたが、
今日は夫婦の記念日だから、と言い聞かせました(笑)。
(友達と遊んでいたようです)
 
映画は、今話題の「君の名は。」です。
昨日、ネットでチケットを買いましたが、昼間の上映は
残席わずかとなっていました!
ので、あわてて買いました。
(並び席は、前の方しかあいていないという。。。すごい人気!)
 
お昼を食べてから、映画という流れで、
ランチは、
ヘルシーな和定食のお店へ。
 
雑穀米に、味噌汁、小鉢、メイン(味噌カツ・牛肉となすのトマト煮)
そして、あんみつと、ドリンク(抹茶ラテや有機コーヒーなど)。
このセットで、1500円ぐらいでした!
リーズナブル!!
大満足でしたよ^^
 
20160922134154
 
 
わたしも夫も、食べることが大好き。
ヘルシーなマクロビなどにも興味ある。
(でも何でも食べますが^^)
お酒も少し飲むけど、甘い物が好き。
という共通点を再認識!
そして、音楽が好き、映画が好き、読書が好き。
スポーツは、するよりも観る方が好き、
旅行が好き、
だけど、基本的にインドア人間^^
というところも、 似ています。
 
ちがうところも、たっくさんありますけど、
こういう一緒に楽しめるものがあるというのは
長い結婚生活においては必要ですね!!
 
さて、映画「君の名は。」ですが、
一足先に見に行った息子からストーリーをだいたい聞いていたし、
Radwimpsの曲は何度も聞いていたので、
予想はついていたのですが。。。
期待以上に、おもしろかったです!!
 

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

 
泣けた〜
スケールが大きく、
思ったよりも、深い!
 
「結び」というのが大きなテーマでした。
神道などの霊的、あるいは文化人類学的な考察もできそうな
ストーリー。
 
臨床心理学的にも、
死と喪失。
異界と現実を行き来すること、
そして、破壊と再生というテーマが
流れているように思われました。
 
まあ、理屈は抜きにしても、
甘酸っぱいラブストーリーあり、
大災害からの救出という
重たいテーマあり、
時空を超える展開ありで、
 
頭のなかがグルグルしっぱなし。
 
音楽(歌)と絵がピッタリで
涙、涙。。。でした。
 
夫も 「すっごくよかった〜!」と感動しておりました^^
もういちど観たいぐらいです!
映画館は満席に近い状態で、
最後は、拍手も出ていました。。。
 
ということで、
22年目も、楽しく感謝しながら過ごして行きたいです〜♪
 
 

応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

このページのトップヘ