ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2015年12月

Kimg0394

 

クリスマスも終わり、今年も残すところあとわずか!

ワタシはクリスマスのあと、今年最後のアンガーマネジメントセミナーの開催、そのあと、カウンセリングの研修会に丸2日参加するという、ハードスケジュールでした〜

年賀状書きはこれからです(苦笑)

 

さてクリスマスの25日のことですが、ワタシは午前中でスクールカウンセラーの仕事が終わりになり、午後はフリーに♪

 
その夜の、仲良しママ友とのクリスマスパーティに向けてお料理をしたり、ヨガレッスンに行こうとおもっていました。
 
しか〜し、ヨガに行こうとしたそのとき、すでに冬休みで部活に行っている娘からのLINEが。
 
「足をひねったみたい、迎えに来れる?」とのこと。
え〜〜っ! 予想外のできごとに、ワタシは動揺し、正直、イラっとしました。
今日のせっかくの計画がだめになるかも〜
家族の冬休みの計画も変更せざるをえないかも〜
 
なんで年の瀬のこんな時にけがをするわけ〜!?
という気持ちがよぎったのでした(口には出しませんでしたが)
 
… 娘と電話で話すと、かなり痛そうで泣いています。
 
骨折だったらいやだなあ、とか、いろんな想いがワタシのなかをかけめぐり、たえきれず、娘に強めに愚痴をいってしまいました(汗)。
 
ワタシは、急な計画の変更に弱いのです。 計画どおりにスムーズにすすむのが好き(笑)。
 
だから、突発的なこと、予想外のことが起きてくると、 イラっとしてしまうんですよね〜 (自分の弱い点だと思ってます)
 
娘はわるくないのに、 いちばん辛くてがっかりしているのは娘なのに、
ちょっと強めの言葉を吐いてしまいました!
 
 
さてそれで、ここでイライラしても状況は変えられない、と判断し、 まずは、車で迎えに行くことに。
 
だがしか〜し、 こういう日に限って、車をワタシの親に貸してしまい、車がない!
 
これも、イライラしても変えられないので、学校の最寄り駅からタクシーで行き、 娘を乗せて、病院へと向かったのでした。
 
レントゲンをとると、骨折ではなく、捻挫のようです。
 
とりあえずよかった☆
 
腫れや痛みがひくまでは松葉杖を使うことになりました。
 
 
考えてみると、その日はワタシがちょうど家にいたし、
 
娘もワタシもこれから冬休みで、学校への送迎はしなくてよい、
 
など、ベストなタイミング!
 
行ったお医者さんも、先生、スタッフがすごく丁寧で親切♪
 
夜は、予定どおり、ママ友&子どもでクリスマス会をすることができました。
お料理も仕上がっていたし、
 
ママ友たちもすごく心配して、優しい言葉をかけてくれました♪
 
 
おお、探せば良いこともあるではないですか^^
 
娘は歩くのに不自由で、好きな部活も出られず、
 
ワタシもお世話をしなければなりません。
 
 
けれど、「いつもがんばっている娘、ゆっくり休みなさい」というメッセージなのかな、と受けとめることにしました。 
 
 
そしたら、ワタシも落ち着いてきて、娘に優しく接することができるようになりました(遅い?)
 
 
ともあれ、得難い大切な経験ができた、忘れがたいクリスマスになりました〜(笑)
 

応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

ダンナさまとのヨコハマお泊まりデート
きょうはその完結編です(笑)


その1はこちら☆



港を見下ろす、ホテル最上階レストランで朝食ビュッフェを

おなかいっぱい食べたあと、


はらごなしに、山下公園を散歩♪


Img_1529

 

 




最高に良いお天気です☆

噴水では、虹もみえました!


Img_1518


 

 




じつは、このお泊まりのまえに、

ある方からアドバイスを受けたのでした。

それは、「ホテルをチェックアウトするとき

どんな気分でいたい? そしてその気分になるために

どんなことが起こったらいいと思う?

それをできるだけたくさん書いておいて!」というもの。



あ~あ! ある種のカウンセリングでも使う、

奇跡をイメージする=ミラクルクエスチョンに似ているものですね。



クライアントさんにはこれを勧めることもあるワタシですが、

自分ではあまりやったことがなかった!

ですので、さっそく、手帳に書き書きしておいたのでした!




さあ、散歩からホテルに戻って来て、いざチェックアウト!

手帳に書いた通り、最高に良い気分でチェックアウトできそうです。。。




と思いきや、

夫が 「ルームキー(カード)がない!」と言い出しました!


カードは2枚あって、散歩から戻ったときは、ワタシのカードで開けました。

散歩に出た時は、持っていったと記憶しているそうです。

そして、あらゆるポケットを探しても、ない!

出たよ~

またかよ~

とワタシ思いました。

正直、イラっとしました。



せっかく良い気分でチェックアウトできると思ったのにー!

カードの再発行にいくら取られると思ってんのー(←そこ!?)

それにしても、よくモノをなくすよね。。。

前もそうだった。。。。


などと、言いたい放題、夫にぶつけてしまいました(汗)。

そう、アンガーマネジメントできませんでしたね(苦笑)。


ワタシのなかの「夫はこうあるべき」「チェックアウト時はこうあるべき」
というべきが発動してしまったんですね。

よく考えれば、それほどこだわる「べき」ではないのに。。。



6秒待つことをせず、

「いつもそう」などの言ってはいけない言葉を使ってしまいました(汗)。



でもそのとき夫が、

「これは、acoがイライラすることじゃないよ。

ボクの問題。acoは巻き込まれなくていいよ」

と言ったのです。

おお!!

夫のほうが、アンガーマネジメントできていました!

ほんと、そうですよね。

ワタシは夫の問題に巻き込まれる必要はないんだ~!

ありがとう、夫!

ということで、気を取り直したそのとき、



トルルルル。。。


部屋の電話が鳴りました!

フロントからです。

なんと、

「山下公園でひろった、とルームカードが届いています」とのこと。

(カードにホテルの名前が入っていたので、通りがかりの方が届けてくださったのですね。ホントに感謝☆)


わ~ なんて素晴らしい! 

そしてこのタイミングの良さ!



カードキーがない、とわかる前の気分より、

さらに良い気分になりました!



そのうえ、良い教訓を得て

アンガーマネジメントの勉強(体験)にもなったし。。。

ワンダフォー


という顛末で、

お泊まりデートはめでたく幕を閉じたのでした


応援クリックありがとうございます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

 

このページのトップヘ