ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2015年03月

1549c0ff159f104e2d0effd449159c02_s

春休み、まっただ中ですね〜

そして、桜も満開に☆

昼間電車にのったら、小学生ぐらいの子どもをつれた家族が目につきました♪

明日で3月はおしまい。

保育園に通っているお子さんたちも、卒園式は済んでいるのでしょうが、明日でほんとに保育園おしまいになりますね。

そして4月1日からは、学童保育に行く方も多いと思います。

良い出会い、良い体験がたくさんありますように!!

今日は、「小1の壁の乗り越え方」と、ちょっと大きく出てみました(笑)。

自分の経験からしか書けませんが、少し思うところを。。。

働く母、共働き家庭にとって、「小1の壁」がある、とよく言われますが、具体的にはどんなことでしょう。

調べてみると、放課後の過ごし方、PTAや平日の学校行事への親としての参加、宿題や勉強のフォロー、などが主なところかと思います。

学童保育は保育園より入るのは易しいと思いますが、保育園より時間が短いから使いにくい、とか、勉強(宿題)の時間の確保ができない、という声も。

何より、子どもが「学童に行かない友達がいる」ことに気づいてしまい、行きたがらなくなってしまった、「仕事をやめて」と親に訴える。。。などなど、

保育園時代とは全くちがう悩みが(親にとって)出てくるんですよね。。。わが家もそうでした!

そして、PTAの役員、学童保育の役員(これは学童の形態にもよりますが)、子供会の役員、地域スポーツクラブの役員、など、オヤの仕事もいろいろ出てきます。

働いていることを理由に断わることは難しいです。。。。

。。。と、マイナス面、たいへんな面ばかり強調してしまいましたが(汗)、

実際のところ、「小1の壁」ってあるんでしょうかね〜

これは、「人の心、頭」のなかにあることであって、

もしかすると、自分で「壁」を作り出してしまっている、あるいは、

「壁があるもの」と思い込んでいる、のかもしれないですよね。

(マスコミが作っているのかも、ですね!)

最初から「壁がある」と思わないほうがいいのではないかな〜と思います。

もちろん、準備すべきことはしておいたほうがいいのですが、

「壁」に打ち当たったそのときに考えればいい、ということもあると思うんです。

もし、自分が仕事を続けたい、働き続けたい気持ちがあるのだったら、

続けられるように、できる範囲で環境を整えたらいいですよね。

さらに、自分と同じような状況にある友達、仲間ーーワーキングマザー友達または先輩が身近にいると、自然と「壁」を乗り越えて、進むことができるような気がします。。。

小学校入学、子どもにとっても親にとっても、大きな変化であることは確か。

自分のことを振り返っても、小1の1年間がいちばん大変だったかも〜(子ども二人とも!)

学校and/or学童にいくのをいやがったり、忘れ物や失くしものをしたり、学校や学童でケガをしたり。。。

でも、家族の協力と、ご近所、学童や、親族の助けがあって、なんとかやってこれたと思います。

小1の1年間は、ゆっくりゆっくり、1年間かけて、学校生活と学童ライフに慣れる、ぐらいにゆったり構えるのでいいかもしれないですね。

そして、子どもの失敗や 親としての自分の失敗を笑い合えるぐらいがいいのかな〜と思ったりします(自分はガンガン怒ってしまうことが多かったですが。。。汗)

小学校でも、学童でも、「1年生」って特別な存在です。注目され歓迎される対象だと思うんです。そして、「はじめて」をたくさん経験する年でもあります。

そんな可愛く初々しい1年生の子どもの姿を、たーくさん目に焼き付けていただきたいな〜と思います(自分があまりできなかった反省をこめて。。。)

 

♪こちらも合わせてどうぞ♪

ワーキングマザーの危機 その3

小一の壁。

 

 

応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

3月25日は、学校の修了式のところが多かったのではないかなと思います[E:happy01]

わが家も小学校は今日25日に、高校は昨日24日に終わりました!
 
ワタシもスクールカウンセラーの仕事が昨日から春休みに入り、朝、だいぶゆっくりできるようになりました!うれし〜[E:heart04]
31日までの貴重な休みの期間を、大事に使おうと思います!
 
で、子どもの話に戻ります(笑)。
 
娘は、成績表を昨日持ち帰り。。。見せてくれましたが、
(子どもによっては、高校生になると見せない子もいるようですね!)
単位が全部とれていたので、ひとまずよかったです(笑)。
全く勉強せずに試験にのぞんだ「保健」などが、あれ?という評価がついていましたが、あとは、まあまあ!?
 
とにかく、1年間、勉強と部活、塾や学校行事、遊びとの両立、お疲れさまでした!と言ってあげたい〜 あ、ちゃんと言ってあげましたよ。
部活はすっごく楽しいけれど、クラスの団結がいまひとつだったり、自分の立ち位置/キャラがわからなくなってしまったりと、悩んだそうですが(悩むのも青春ですよね!)
 
高校生活の最初の1年、無事終えられてよかった〜 と母は思いました。
 
高校生になって、勉強の仕方も遊び方も、中学より少しパワーアップした感じかな、というのがワタシの感想。
 
中学のときから、友達とよく、買い物、食事、ディズニーなど言ってたのですが、
 
それがより頻繁に、広範囲になったというんでしょうか。。。
 
そして、スマホですね。
中学のときは、家のタブレットでLINEしてましたが、高校生になってからスマホを持つようになり、かなりの時間いじってますね〜
(夜は、ルールを設けていて、それはだいたい守っている感じです)
 
高2になったら、バレー部のキャプテンになるかもしれない、とか、彼氏作りたい、とか、いろいろ言ってます(笑)。どうなるのか〜   楽しみです☆
 
そして、息子は、
昨日から、「明日は”あゆみ”もらえるね」とドキドキしていたようす。
 
今朝は、ランドセルをしょって出たので、
「今日は、あゆみもらうだけだから、手提げでいいんじゃないの?」と声をかけたら、「今日は全校生徒、ランドセルなの!」と言われました。
なるほどー!
 
たぶん、今年度からの校長先生の方針かな?と思いました。
たいせつな「あゆみ」(通信簿)を入れるために、ランドセル、なんでしょうかね!?
 
さて、昼頃帰ってきた息子。
「Aの数が少なかった〜 まえより減った〜」との声。
もともと少なかったので(笑)、ワタシは気にしてませんが、
むしろ、苦手な図工や音楽や技術家庭のなかに、Aがあったことに驚きました!
(観点別評価なので、ひとつの教科に4、5個評価がつきます)
 
そして、1年間、欠席/遅刻/早退なし!
皆勤賞でした〜
1年間風邪もひかず、インフルにもかからず。。。。
よく食べてよく寝て、よく動き、健康で過ごせたこと、素晴らしいです!
「1年間休まず通えたことが素晴らしいよ! お疲れさま!」
と言ってあげました。[E:coldsweats01]
 
そして、
前から約束していた、ランチへ二人でいきました♪
(1年間のお疲れさま会?)
パン屋さんで、パン食べ放題のセットです。
 
ビーフシチュー、パン、サラダ、飲み物のセット。
ワタシは食べた事あるのですが、
いろんな種類のパンが食べられるし、シチューがおいしいの♪
 
Kobeya
 
はやり予想通り、次々パンをおかわり。。。
彼は食べっぷりがいいので、
みていて気持ちがよかった!
 
春休み中は、学童の遠足、サッカーとフットサルの練習、塾の春期講習などですぐ終わってしまいそうですが、
楽しく過ごせるといいね!
 

応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このページのトップヘ