ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2015年02月

柊りおんさんの著書

「感情美人」になれる7つの扉 欲しい未来が手に入る怒りのコントロール術

読み終わりました! 

4334978118 「感情美人」になれる7つの扉 欲しい未来が手に入る怒りのコントロール術 (美人時間シリーズ)
柊 りおん
光文社  2015-02-18


by G-Tools

いや~ なんだか感動[E:weep]

著者のあふれる思いが響いてきて、胸がいっぱいになりました。

「怒りのコントロール術」について、論理的に納得できるようなエビデンス(研究結果)をふまえて、「怒り」やほかの感情/心理が起こるしくみをわかりやすく解説、かつ、引き込まれるようなリアルな事例をたくさん入れて書いてくださってます。

読みやすいので、すーっと頭と心に入るのですが、 実はすっごく大事で難しいこと(実行するのが)がたっくさん書いてあるので、 手元において繰り返し読むことをおすすめします。

夫・彼、子ども、友人知人、仕事関係、など、「対象別対処策」の ていねいな具体的なアドバイスもあり、 精神論(マインドの部分)と実際的内容がバランスがとれているな~と思いました。

それよりなにより、たんに「怒りのコントロール術の本」とするのはもったいない! 女性の生き方ーー自分らしく幸せをつかむための指南本だと思いました!

女性にとって「感情」がいかに大きなパートをしめることか。

女性は「人間関係」に重きを置く生き物ですから(それがなぜなのかも書いてあります)、家庭や職場の人間関係はもちろんのこと、人生の決断、セルフイメージ、孤独や嫉妬の問題。。。そうしたもろもろの点において「感情」が大きな位置をしめます。

ですから、感情、とくにネガティブな感情といかにうまくつき合うか、てなずけるか、が女性の人生の成功を左右するといっても過言ではない、とこの本を読んで、改めて思いました。

怒りっぽいという悩みを持つ方だけでなく、 被害者意識、孤独感、迷い、自分に自信がない、自分を好きでない、仕事が楽しくない、なんとなく不満。。。というすべての女性に読んで欲しい。

あの人にも、あの人にも読んでほしいな~と強く思いました。

ワタシにとっては、「嫌われるぐらいで、ちょうどいい」「うまくいかない自分も愛する」などの言葉、事例が身にしみました。

7つの扉、とあるように、7章からなっているのですが、その扉についている古今東西の名言がまた素敵[E:shine]

書き出すととまらないのですが(笑)

さいごに、第6の扉から、「自分に自信を取り戻す3つの質問」をご紹介しましょう。

1.あなたが今までに成し遂げたことはなんですか?

2.あなたは今までにどんな困難を乗り越えてきましたか?

3.あなたが言われて一番うれしかったことは何ですか?

このワーク、私もやってみました。

2と3を書いていたら、喜びというか自信というか感謝というのか、温かいエネルギーのようなものが、ふつふつと湧いてくるのを感じました。。。

ちなみに2は、流産のあと、待望の二人目を授かり、無事出産、これから、二人の育児と仕事で、最高に幸せな日々が始まる!と思ったら、夫が倒れて入院。その後、「うつ」になり、笑顔が消えて、2年間の医者通い。私も回転性めまいが始まり、赤ちゃんもアトピーと喘息で。。。と、非常に厳しかったときのことを思い出しました。

どうやって乗り切ったのか、あまり覚えてないけれど、そのとき、自己憐憫に陥ることなく(泣いたり悲しんだりはしたけれど)「自分はこの状況を耐えられる。自分に責任がかかってくることが好きなんだ」と思ったことは覚えています。。。

というふうに(笑)、自分のストーリーをポジティブに思い起こして、元気が出てきたのでした!

それは、著者が、ご自身の貴重なストーリーを惜しげも無く提供してくださり、読む人に勇気を与えてくれているからだと思います。

柊さん、この本を出してくださってありがとうございます!  と言いたくなる本です。[E:heart04]

怒りのコントロール術☆

アンガーマネジメントのセミナーを3月に開きます!

3月20日はこちら☆

3月28日はこちら☆

 

ポチッと応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

K0120080_3

(↑バレンタインデーに生徒からもらったチョコ!)

2月は逃げるといいますが、ほんと、あっというまに、月末になってしまい、怖い位です。!!(゚ロ゚屮)屮

勤め先の中学や高校は、2月中に行事やテストが全部おわって(入試も!)、3月は卒業式を待つばかり、という感じ。

わが家の高1の娘の学校は、3月に入ってから(卒業式がおわってから)期末テストなので、まだ「終わり」という感じがしていませんが、

小5の息子のほうは、ワタシがかかわっている、学童、サッカー、子供会、すべて今年度のまとめに入っています。

まず、学童。

先週、年1回の学年懇談会がありました。

大きい声じゃいえませんが、学校の懇談会はあまりいかないのですが(仕事の兼ね合いで)、学童の懇談会は、夜にやることもあって、必ず参加しています。

学童の懇談会は、親と指導員が集って、個人面談を公開でする、みたいなものです。

ひとりひとりについて、指導員から学童での様子を教えてもらい、親から家庭や学校の様子、気になることや今後にむけて、など話す。それを学年の他のメンバー(親)も聞いているのですが、「うちの子はこういってるよ」とか「知らなかったー」など、サポートというか、ツッコミをいれて、とても楽しい会なのです。

今年も、5年生7人のほぼ全員の親が集いました。

我が子については、、そうですねー、「ああ、やっぱり」というか、

「学童では盛り上げ役です」とのことで、おちゃらけている様子。

うちでも、変な替え歌ばっかり唱ってる陽気な子なので。。。

上の学年とも下の学年とも、女の子とも、仲良くできているようです。

でも来年は、6年生男子として、キャンプやドッジボール大会など行事でリーダーシップをとらなくてはならいから、本人もプレッシャーあると思います、と指導員はいうのですが、そういうことは家では全く感じさせない息子なのでした。

学校ではおとなしいほうなので、学童で、リーダーとなって動く機会があることは、親としてもありがたいです!

他のメンバーの話もおもしろかった〜。とくに女子などは、「うちの娘もそうだったなー」と思い返しました。5年生女子って、難しい年頃に入ってくるころですもんね。。。。

さて、ワタシにとっても、あと1年の学童ライフ!

ああ、キャンプもあと1回なのか〜、来年の今頃は、卒所に向けて、カウントダウンなんだ〜と、もう、ウルウルきそうになりました。(早すぎ!)

そして、サッカーも、1年間の公式戦が終わり、新年度の役員決めが終わりました。

ここの5年の母たちも良いメンバー。母も子もみんな優しいので、忙しくて参加できなかったり、ぼーっとして抜けているワタシと息子は助かっています。

6年生として、いろんな試合にメインで参加できる年。

中学になったら、もしサッカー部に入るとしても、1年生では試合に出る機会は少ないだろうから、来年は思う存分、サッカーの試合をがんばってほしいものです。

負けてもいいのですが、ぜひ「良い試合」をたくさん見せて欲しいなあ!

最後にもうひとつ、子供会の役員も、最後の行事が終わり、来年度の役員さんも無事に決まり、引き継ぎを待つばかりになりました!

(ワタシは会計なので、やることが最後までまだあるんですが。。。)

ここもメンバーに恵まれ、和気あいあいと助け合ってやってこれたこと、感謝しています〜

これで、来年のPTA役員は免れるし、引き受けてよかったです♪

3月は、新年度に向けての心の準備をするときになったらいいな〜♪

応援クリックよろしくお願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このページのトップヘ