ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2014年06月

とっても良い本に出会いました♪

「怒りのダンスー人間関係のパターンを変えるには」

この本の訳者、園田雅代先生(臨床心理士で大学教授)には
大学時代、授業を受けたことがあります!

テーマは「アサーション」でした。とても分かりやすくて、楽しい授業だったのを覚えてますよ〜

そんなこともあって、この本があることは、ずいぶんから知っていたのですが、
読もうとは思わず。。。

ここへきて、「怒りの専門家」になったことから(笑)
これも読んでおかねば、と、手に取った次第ですが、
読んでよかった!もっと早く読めばよかった!と思った本です。

冒頭を少し引用しますね。

怒りとは、ひとつのシグナルであり、耳を傾ける価値のあるものです。

私たちの怒りは、自分が傷つけられていること、自分の権利が侵されていること、自分の欲求や望みが適切にはみたされていないこと、あるいは単純に何かが間違っていることなどを伝えているメッセージなのかもしれません。

(中略)

けれども、女性たちは長い間、自分の怒りに気づいたり怒りを率直に表したりすることを阻止されてきました。…

このように、本書は、女性と怒りを扱ってます。

著者は、心理カウンセラーであり、家族療法が専門なので、

女性が怒りに気づき、それを、身近な人間関係を変えるための
ツール(ガイド)として、活用する、ということを、いろんな事例を通して
伝えてくれています。

家族療法の専門家ですので、

怒りの抑え方というより、

二者関係での悪循環や(いつも同じパターン)

三者関係のこじれをどう解決するか、

そういった、コミュニケーションの仕方が
詳しく書かれていてとても参考になると思います!

コミュニケーションの前に、

何が問題となっているのかを観察することが大事、
ということも繰り返し出てきます。

ほんとにそうですね。。。。

そこに何が起きているのか、
自分のこととなると、なかなか客観的にみるのが難しい。。。。

そんなこんなで、とても実践的で、有用な本だと思いますよ!

ところで、女性が怒ると、ネガティブにとられがちですよね。

「ヒステリー」だとか、「感情的」だとか言われて。。。

男性が怒っても「怖い」ぐらいしか言われなかったり
怖い方が「できる男」とみられる場合もあったりして。。。

ワタシはそういうのはおかしいな〜と前から思ってました。

だから女性は、当然の怒りを抑圧して、怒っていることにさえ
気づかなくなってしまう人もいれば、

それこそ、怒りを爆発させてしまって、混乱してしまうとか、

うまく「怒りとつき合う」ことがむずかしかったのかな〜と。。。

そういう意味では

「怒りを人生のガイドとして活用する」ためのガイドブック。

人間関係で怒ることが多い人、身近な人とぶつかってしまうことが多い人には
ぜひお薦めしたいです〜♪

4414325234 怒りのダンス―人間関係のパターンを変えるには (わたしらしさの発見)
ハリエット・ゴールダー レーナー Harriet Goldhor Lerner
誠信書房  1993-06


by G-Tools

 

いつも応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

わが家でいちばん味にうるさいのは
10歳の息子です[E:coldsweats01]

ワタシの料理にいろいろと注文(文句!)つけるし、
味覚や食感に敏感であるともいえます。

たとえば 「この料理には、昆布だしじゃなくて、かつおだしにして!」とか
言うんです[E:coldsweats02]

(ワタシが子どもの頃は区別できなかった。。。)

まあ、小さいときから食べることが大好きで、
保育園では、[毎日3人前食べてます」と言われ続け、
小学校でも、「給食を残さず食べます」と通知表に毎年書かれ(笑)。。。

彼は、作ることにも興味あるみたいで、
ワタシが台所に立っていると、
たまに、なんかやりた〜い、と入ってきます。

最近は、学校の調理実習では大はりきり。

5年生なので、まだ、野菜をゆでるとか
卵料理程度ですが、
レポートを詳しく書いたり、
「すっげ〜うまかった!」と家に帰っても言ってました。。。

で、このまえ
購読している 「朝日小学生新聞」にのっていた
「ダークチェリーのクラフティ」をみて、ぜひ作りたい!とのこと。

はいはい、母は、アメリカンチェリーを買ってきてあげましたよ。。。

一緒に作ろう〜ということに。

というか、実際、彼がほとんどひとりでやりました!

チェリーを二つ割りにして、タネを取り出し、

小麦粉、牛乳、ヨーグルト、砂糖、バターを
はかって混ぜ。。。
チェリーと一緒にココット皿に入れるだけ。

オーブンで焼くところはワタシが担当。

オーブンに入れて25分!

いいにおいがしてきました〜

そして、できあがりは、こんがり!!


Dsc00182


↑オーブンから取り出したときは、
器いっぱいにふくれあがっていたんですが、
あっというまに
シュ〜っとしぼんでしまい、
器にあとがついてしまったというわけ。。。

クラフティー、失敗なしですね!

ダークチェリーと生地がとても合っていて
美味しかったです〜

スイーツ男子くん(笑)、
これからも、期待してますよ〜[E:coldsweats01]

 

ポチッとおしていただけると喜びます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このページのトップヘ