ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2010年07月

P1390541

前からちょこちょこ予告(つぶやき?)していた、学童キャンプの登山、今週末になりました。

天気も良さそうです[E:sun]

登山なんて、人生で数回しかしたことありません。しかも、高尾山とか奥多摩の山とか千メートル足らず。

今回は、1600mまで登ります。いままでの人生最高(最も高い)の登山。

準備もばっちり(?)。

靴は、若い頃買ったものがあります(数回しか使ってない…)し

雨天用には、ゴアテックスの上下も持ってます(これも数回しか使ってない…)

今回は、一緒に行く仲間の奨めでストックも購入!

最初、夫に、(会社近くにある)スポーツ専門店でストックを買ってきてとお願いしましたが、数千円…と言われ、「じゃ、やめる」といったん諦めました[E:coldsweats01]

ネットで探し… アマゾンで、千円のストックを発見し、即注文。通販だし、配送日が書いてなかったので、間に合うかなとドキドキでしたが…注文翌日に届きました!

あとは、キャンプ場で眠れるかどうかだけが心配… 一泊して翌朝早く、山に向かうのです。

あまり心配しないようにします…

学童キャンプでは、学年別に 年齢に応じた登山(低学年はハイキング♪)をします。

1〜5年生は、親は、自分の子とは一緒に登りません(違う学年に混じって登る)。

でも、6年生だけは、親も一緒に登ります。キャンプ場に戻ったときには、他の学年が拍手で迎えてくれたりと、一種の儀式、セレモニー的な要素もあるのです。

6年間いろいろあったけどがんばって通った学童、6年間 支え合った仲間たち(子も親も)…その絆を確かめ喜び合う儀式としての登山…

良い思い出になるといいな♪

バテてギブアップしないように… がむばるぞ〜〜〜

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

子どもが夏休みに入ってはや一週間。 1年生の息子も、朝から一日学童で過ごす毎日に慣れてきたようです。ワタシも、バタバタしつつも、朝4個の弁当作りのペースもつかめてきました!

長い夏休み、一日子どもと過ごされているお母様方には…本当に頭が下がります!!

学童では、朝1時間勉強し、あとは外遊び、お弁当、おやつ…という流れ。

6年生の娘も、学童で過ごす最後の夏休みとあって、休まず毎日通っています。もうすぐ学童のキャンプもあるので、キャンプファイヤーの出し物の準備など頑張っている様子を話してくれます。

楽しいとはいえ、たくさん外で遊んで、歩いて帰ってくる(子どもの足で30分ぐらい)と もうへとへと〜 で とくに息子は機嫌の悪い日も[E:coldsweats02]

そういうときは 子どもが喜ぶ冷たいおやつ を ささっと 出してあげたいものです(ってワタシは無理ですけど…)

前にご紹介した、「バナナヨーグルトアイス」 も おすすめですが、

やっぱり 手軽にできておいしいのは、かき氷!!

わが家は、数年前にバザーでゲットしたかき氷機で がりがりやってます[E:happy01]

シロップは定番のものをいまのところ使ってますが、みなさんはどんなふうにかき氷を食べてますか? シロップ? 練乳? アイスクリーム? どんなかき氷が好きですか? お勧めがあったら教えて〜[E:sign03]

Th__7280466

 

 

ママのためのお役立ち情報「ママiランド」

にほんブログ村
 子育てブログ ワーキングマザー育児へ クリック応援ありがとうございます♪

このページのトップヘ