ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2009年12月

Present_7

(↑プレゼント用のシュトーレン)

娘(小5)のクリスマスプレゼントは、親からはゲームソフト、サンタさんからは(弟君のところに来たサンタさんがお姉ちゃんにも、と置いていった^^) 「ベビースティッチ」のマグカップでした♪

12月23日に高熱を出し、インフルエンザを発症した娘…今年のクリスマスは、楽しみにしていたイベント(23,25,26日)に出られませんでした。親族が集まったのに、寝室にひとりで隔離された日も。

「神さまのこと嫌いになった。お祈りしても、願い通りにしてくれないんだもん…」と泣きじゃくる娘…

ところが、そう言ってから2,3日あと、ニコニコ顔になり、「やっぱり神さま、少し好きになった!」と自分から言ってきました。

「どうしてかというと、祈った通りにはならなくても、そのおかげで、別のいいことがあったから。一見、うれしくないことに見えて、実はいいことだったりするっていうか…」 

お〜 すごいすごい! 実際に何があったのかは、教えてくれませんでしたが、予想しない良いことがあったそうですよ〜 よかったね!

祈ったとおりにならなくても、別のもっと良いことを神さまが用意してくださっている。良くないとみえることのなかに、素晴らしいことが隠されていることがある… すごい気づきだと思いました! 

このことに気づかせてくれたことが、娘にとって神さまからのクリスマスプレゼントだったかもしれません[E:shine]

(クリスマスに教会で聴いた水野源三さんの詩↓)

悲しみよ

            

              悲しみよ悲しみよ 本当にありがとう
              お前が来なかったら つよくなかったら
              私は今どうなったか
              悲しみよ悲しみよ お前が私を
              この世にはない大きな喜びが
              かわらない平安がある
          主イエス様のみもとにつれて来てくれたのだ

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よかったらクリックを♪

 

Kakohousetate

日本では、12月26日からは、クリスマスデコレーションは街からぱったり消えてしまいますが、欧米(カトリック国)では、クリスマスは、25日から始まるんですよね!? たしか12日間続くはず…(The Twelve Day of Christmasという歌があったっけ)。

というのはこじつけですが(笑)、今年はゴリ家のクリスマスイベントは27日まで続きます。ブログももう少しクリスマスネタが続きますが、おつきあいくださいませ♪

今年は初めて、ジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)作りに挑戦しました! 子どもが喜んでくれるうちに…と思って♪

レシピは、シンプルな形のものを探して、こちらを参考にしました→

型紙をダウンロードして、その形にクッキー生地を切って焼き、さましてから(私は2日置きました)、アイシング(卵白+粉糖)を糊にしてクッキーをくっつけて家を作ります。

Kakohouse1_2

Kakohouse2_2

さいごに、市販のグミやクッキーなどをアイシング(絞り出し)で家にくっつけ、完成!

Kakohouse3

なかなか難しかった〜 まず、柔らかい生地を型紙の形通りに切るのが難しい。クッキングペーパーの上でのばして、そのしたに型紙を置いて、包丁で切りましたが、いびつに。

それから、ポイントは、アイシングですね。 ゆるくなってしまい、ぼてぼての状態に。なんだか、見本とは全然違って、幽霊屋敷のようになってしまいました!(ノ∀`) アチャー

飾り付けは、息子に全面的に任せることに(笑)。 見た目はいまさん、ぐらいだけど、うちの子も、遊びに来てくれた甥、姪も喜んでくれた(と思う)からいいや!

クッキー自体は、ジンジャーブレッドというだけあって、ジンジャー、ナツメグ、シナモン、オールスパイスを入れたので、大人の味で美味しかったです。

お菓子の家を食べてみたい!という子どもの頃からの夢がかないました〜(笑)

Kakohousetate2

ママのためのお役立ち情報「ママiランド」

このページのトップヘ