ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2009年09月

Bento

息子の保育園は、月1回 お弁当の日があります。数年前は週1回だったのが、月2回になり…とうとう月1に。母親の負担軽減ということなんでしょうね。助かる〜(笑)。

このお弁当デーを子どもたちは、思いの外楽しみにしているらしく…

そして、最近は息子(年長)から、こんな言葉が。

「ボクも みんなみたいなお弁当がいい! もっと豪華なお弁当にして!

ゴウカなんて言葉、どこで知ったのやら…(汗)

息子が何でも食べてくれることに甘えて、お弁当の見た目とかにほとんど気を遣っていませんでした。しかも冷食が多く… ごめん、息子!

ということで、今朝はちょっとがんばりました(写真)。

おかずは、たまごやき、コーンフライ(市販)、スパゲティ(市販)、カボチャのお団子(クリームチーズ入り)。

おにぎり2個、トマトとキャベツのサラダ、フルーツ(梨とブルーベリー)

ふ〜 チカレタ 

弁当作りに没頭したせいで(?)、職場Aの日なのに、職場Bに行く日と勘違いし、時間ぎりぎりに気づきました ι(´Д`υ)アセアセ

夕方息子を迎えに行き、開口一番、「お弁当どうだった?」と聞いちゃいました^^

そしたら、「うん、おいしかった! でも、ふつうだった(ゴウカではない、の意味)」

 (ノ∀`) アチャー

「Wちゃんとか、Mちゃんとかのお弁当は、すごくゴウカで、先生もすごい〜!と言ってた」とのこと。

すごいな〜みんなのお弁当見てみたい!

母はこれ以上凝ったお弁当作るのは無理ですけどね…

でも優しい(?)息子は、 「こんどのお弁当も、今日と同じのにして!」と言ってくれました。

よかったです〜

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よかったらクリックを♪

 

童話館ぶっくくらぶの配本で出会った絵本2冊をご紹介。絵もストーリーもすっごく可愛いくて、ほのぼの〜 おすすめです!

●1冊目は、「とうさんねこのすてきなひみつ

Ehon

「すてきなひみつ」って、英語(原題)では、サプライズ なんですよね。ぴたっとした日本語にはなかなか難しいのかもしれませんね。

4人兄弟、6人家族のねこの一家。ともだち家族がつぎつぎピクニックに出かけるのをうらやましく思う子どもたち。とうさんねこに 「ぼくたちはいかないの?」と必死で訴えるものの、とうさんの答えは 「だめだね。とてもいそがしいんだ」

がっかりする子ども…でも、ある日とうとうピクニックに出かけることになりました!まちにまったピクニック、そして、そこには、とうさんからのすてきなプレゼント(サプライズ)が…!

子どもの目線にたった物語だな〜と思いました。この本を読む子どもも、がっかりしたり、ドキドキワクワクしたりと、ねこきょうだいの気持ちに寄り添ってお話の中に入れると思います!

そして、とうさん(とかあさん)の素敵なこと! 子どものことを本当に考えていて、子どもに、我慢すること、やっと夢がかなうことの喜びを体験させ、失敗したときの対処法も怒らず教える… 理想のお父さんですね(笑)。

これを読むと、お弁当を持って家族でピクニックに行きたくなります^^

●2冊目は、「マリールイズ いえでする」

マリールイズいえでする
マリールイズいえでする ホセ アルエゴ

おすすめ平均
stars違うお母さんが欲しい!
starsやっぱりおかあさんがだいすき

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

マングースの女の子マリールイズが、おかあさんに叱られて家出をしてしまいます。いろんな動物に会って、「わたしのおかあさんになって」とお願いするのですが、ことわられ… さいごにたどりついたのは、自分のおかあさん、というお話。

叱られても、喧嘩しても、子どもはお母さんが好き。それは優しいからとかではなく、私のお母さんだから、なんですよね。

 息子への寝る前の読み聞かせ、なるべく毎日するようにガンバってます。短いの1冊ぐらいですけど。パパも早く帰った日は、やってくれます。娘のときも、小3ぐらいまで続けていたから…息子が「もういいよ」っていうまで、続けてあげたいなと思ってます♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よかったらクリックを♪

 

このページのトップヘ