ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2008年12月

 26日が仕事納めで、28日から帰省するので、きのう27日は、ばたばたといろんなことを片付けていました。

 まずは大掃除と年賀状です! 

 大掃除は、…毎年計画的にやったりしていません(苦笑)。いつも思いつきです。で、今回は、風呂、トイレ、キッチン、サッシを掃除することに(普段ほとんどやっていない場所です)。

 不思議なもので、いったんやり始めると、次々に汚れがみえてきて、ここも、あそこもやらなきゃ~…となってしまうのですよね。とくに台所。慣れきってしまって、よ~く見えるところにカビが生えているのにも気付かないでいました…(汗)。いつもお世話になっているグリルやオーブンの汚いこと!… 磨ききれないので、中途半端ですが、見えるところだけはなんとかきれいになったかな。

 ちなみに夫は、掃除機がけ(週1の掃除機がけは夫の担当です[E:scissors]) と、外回り(草ぼーぼーの小さい庭)をやってくれました。

 年賀状は、フォーマットは先週のうちに作ってあったので、印刷して、宛名書きは自筆で。これも印刷したほうが楽ちんなんだろうけど、それほど枚数多くないので、そのままに。

 こうしたことの合間をぬって、娘の宿題とピアノにつきあいました。(これが一番疲れた~[E:crying]) 勉強もピアノもすっかり苦手意識が固まってしまっている娘。「わからない、できない~」とかんしゃくを起すので(私に八つ当たり)、なだめたりすかしたりしながら…ふだん私がほったらかしだから、こうなってしまうのかな~などと反省。

 それでも夜は、気分転換に、と、クリスマスプレゼントのパン作りセットを使って、子どもとパン作りをしました!

「こねパン」です。子どもが作る製パンセット。すぐれものですよ~!

P1120209

↑ この赤い容器の中に、材料を入れて、ハンドルを回すと…生地ができあがります!

1回で、食パン半斤分の生地ができ、それを6分割して、小さいパンを作るのです。動物の形のパン、やコルネ、メロンパンなどのレシピがあります。作りやすいように、いろんな道具が入っていて(写真には写ってないものも)いいですよ!

P1120210

きのうは、この6種類… 息子が生地をちぎったので、7種類のパンが焼けました!

左下のドーナツ型のと、左上のは(キバットだそうです)は、息子のオリジナル作品(笑)。あとのは、娘が見本をみながら作りました。

焼きたて熱々を食べたせいか、味もまずまずでした! 

一度は娘に「いらない」と却下されたこのキット。ヤフオクに出されることなく、我が家で活躍しそうです…よかった[E:heart04]

ハッピーキッチン ~かんたん楽しいパン作り~ こねパン ハッピーキッチン ~かんたん楽しいパン作り~ こねパン

メガハウス  2008-04-12
売り上げランキング : 10
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

では、年末年始を田舎で過ごしてきます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしければクリックを!

…私が勝手に作った賞です(笑)。

子育てがラクになる、親を励まし、支えてくれる(たぶん)の言葉を紹介します!

その1:

子を育てるとは、恥をかきまくることなり

先輩臨床心理士の言葉。これを聞いてとてもホッとしました。

子どもがやらかしたことへの恥ずかしさ、あるいは、子どもにうまく対処できない自分のみっともなさへの恥…子どもができると、恥ずかしい思いをすることが格段に増えます。「親に恥をかかせた~!」とそれが怒りの源になることも。

でも、 子を育てていて恥ずかしい思いをするのは、あたりまえのこと。恥を避けようとすることないんです! 恥をかくのを怖れる必要なしー!なのです。周囲の温かい目があるとより、助かりますけどね。

その2:

命を「横比べ」せずに「縦に」みること

元熊本県知事、潮谷義子さんのことば。(日経新聞社刊 妹たちへ より)

3人のお子さんを育てたり、乳児院で働いた経験から、子どもを育てるときに気をつけたこと、だそうです。

もう少し引用を続けると、「…よその子と比較しないで、その子の成長を見守りました。よそのお子さんはもうこれができるのに、と見比べたりせずに、生まれたときに比べたらこんなことまでできるようになった、と命を『縦』に見るのです。」

他の子と比べないで、その子の成長をみていく…大事なことですね。そして、簡単そうで、実はなかなか難しいことだと思います、とくに母親にとっては。これができたら、子どもも、親も、幸せになれると思う! 私も肝に銘じたいです。

あえて、付け加えるなら、「自分(親)の子どものときと比べない」ことも人によって、場合によっては大事かな。「私が子どものときは、これぐらいできた」「オレの子なんだからこれぐらいできるはず」といって子どもにプレッシャーかけてる親をよく見かけます(自分も含め…汗)。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←よろしければクリックを!

このページのトップヘ