ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2008年07月

Pict0014

 夏休み第一弾のお出かけで、山梨にある「ハイジの村」へ家族で行ってきました[E:sign03]

 ここは、平成10年に、山梨県立フラワーセンターとしてオープンし、平成18年に、いくつかの会社に委託し(指定管理者制度)、「花と星空のテーマビレッジ、ハイジの村」 としてリニューアルオープンしたそうです。

 たしかに、フラワーセンターだけだったら、人は集まらないかも…周りに何も無いところだし…でも、ハイジ村、なかなかよかったですよ! 

 入るとすぐ、スイス風の建物が建ち並び、カフェやレストラン、アニメの「アルプスの少女ハイジ」のミニ博物館があります。

 それほど広くない園内(庭)には、段々の花畑、池、そしてヨーゼフ(犬)や、ゆきちゃん(ヤギ)にも会えます。

 子連れには、ちょうど良いのではないでしょうか?? ハイジのアニメが大好きなうちの子たちは、とっても喜んでいました。

 ほかにも、幼児〜小学生向けの遊具のあるキッズ広場、ハイジのビデオを流しているコーナー、なぜか、鯉に餌をあげたり、マスのつかみ捕りができるコーナーも。

 おみやげがもらえる「スタンプラリー」にも挑戦。かーっと日差しが照りつける猛暑のなか、上り下り…歩き回りましたよ〜 これ、老若男女、みなやっていました(笑)。こういう企画でもなければ、暑い園内を歩く人は少ないと思うので…企画としては成功なんでしょうね。

 場所は、中央道 韮崎インター、または須玉インターから、車で10〜15分。

 とにかく暑かった〜[E:sun] ので、次回は、少し涼しいときに行ってみたいですね。

Pict0001_2

Pict0002

Pict0003

Pict0006

Pict0010

Pict0011

Pict0015

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←にほんブログ村へGO!

080713_1235  小4娘は、明日から夏休み!(私は3連休♪) 二学期制なので、終業式なし、通信簿なしで、夏休みに突入です。慣れましたけど、これもなんだかね~

 保育園児を抱えるワーキングマザーのなかには、小学生の夏休みの過ごさせ方ってどうなの? と不安に思ったりする方もいらっしゃるかもしれませんね。私もそうでした。学童があるにしても、毎日学童ってどうよ~、とかね。

 娘は幸い、学童大好きっ子なので、今年も夏休みは基本的に毎日、学童へ。

 学童でのスケジュールは、朝9時開所(ちょっと遅いという声もあるが…)で、1時間は学習、その後、公園で自由遊び、お弁当、お昼寝、自由遊び、おやつ、自由、解散、です。

 学童での夏のイベントは、いろいろとあって、まず2泊3日のキャンプ(親も一緒)、アイススケート、映画(シネコンにて)などの、おでかけ日も作ってくれて、助かる~

 学校の方でも、来週4日間は、自由参加の学習会とプール指導があるので、午前中それに参加し、その後学童へ行く予定。

 遊びの予定としては、お盆の頃の1週間、田舎のおじいちゃんちへまず娘だけ行かせて(迎えにきてもらって)、後半、私たちが合流するかたちにしようかなと考えています。

 あと、家族で1,2泊、週末に出かける予定も・・・そんなところです。

 ほんとは、博物館とか科学館とか連れていってあげたいけど、うーん、無理かも。

 ところで、学校からの宿題が年々多くなってる…学年が上がるのですからあたりまえなのでしょうが、今年はぐーんと多くてびっくりしました。

 国語と算数のプリント合わせて44ページ!(B4サイズ)

 本を3冊読んで紹介文を書き、うち1冊は読書感想文。

 自由研究

 理科の観察(植物と星)

 総合学習の地域調べ

 夏休みの思い出の新聞づくり

 家の仕事(おてつだい)

 毎日一言日記

 いや~ 多すぎませんか!? 

 娘はこれに加えて、進研ゼミもあるし… 学童の1時間の学習時間だけでは、終わらないですよね!? 

 親のほうが心配でハラハラ(イライラ?)しちゃいそうですけど、子どもが計画的に自分でやっていく力をつけるのも大事かな。口も手もなるべく出さないように…とは思ってますが、どうなるやら!?

 私は、毎日のお弁当づくりに邁進します~ 今日から娘はお弁当だったのですが、冷凍食品オンパレードだったので、「おいしかったけど、ママの作ったものも入れてよ!!」と帰宅してから注文つけられてしまった[E:sweat01] す、すまん[E:coldsweats01]

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ←にほんブログ村へGO!

 

このページのトップヘ