ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2007年09月

 いま、東京国際フォーラムで日本心理臨床学会第26回大会が開かれています(4日間)。私は2日目のみ参加してきました。

 熱のこもった5つの発表を聞きましたが、なかでも信田さよ子さん(原宿カウンセリングセンター所長)が司会を務める、アディクションの事例発表が秀逸!行ってよかった~、すごく勉強になりましたし、やる気がわいてきました!

 信田さんについては、本、メディア、ブログ(愛読してます)を通して、存じていましたが、ナマで拝見するのは初めて。期待を裏切らない、いや期待以上の、オーラをもつ、素敵な方でした~。臨床心理業界には異色の、貴重な方といえるかな~。はっきりとしたモノのいい方(臨床心理士への苦言を含め)、「○○療法を研究したい」というのではなく、徹底してクライエントの立場に寄り添う実践から出た数々の知見… 私は好きですね~ 共感できました。

 アディクション(依存症)の人には、根底に、どうしようもない、底知れぬ「さびしさ」がある、とのこと。それは、人格障害の人が抱える「さびしさ」と同じかもしれないと思いました。だから、人格障害というより、人間関係依存と考えるほうがわかりやすく、介入しやすいかも…などと連想。

 信田氏の著書「アディクションアプローチ」も読んでみようと思います!

 さて、最後にサプライズが。

 夕方、別の発表を聞き、部屋を出るときに、10年ぶりで、ある人にばったり会いました! 私の最初の大学のときの友人で、臨床心理士としては先輩のE子さん! 連絡先が分からなくなり、会いたいな~と思っていた人でした… 数千人の人混みのなかで会えるとは!さっそく、メールアドレスを交換し、途中まで一緒に帰りました。うれしかったです~♪

070927_1940  気になっていた雑誌「日経ビジネス アソシエ」を初めて買ってみました。アソシエとは、仲間、同僚、仕事仲間を意味するフランス語。この雑誌は、スキルアップ、キャリアアップを目指す若手ビジネスパーソン向けのビジネス情報誌、だそうです。

 心理学以外の何かおもしろい雑誌はないかな~と探して、たどりついたのが、これ(笑)。ファッション誌でも買って勉強しろよーと自分に突っ込みをいれたくなりますが…こっちのほうが、興味あるんだもんねー。

 今号の特集は、「人脈の広げ方・切り方」で、まだ全部読んでいないけれど、いろんな人の実践例が載っていて、おもしろそう。

 特集記事も、連載コラムも充実してる(ようにみえる)し、読むところがたくさんあって、楽しめそうです! 自分の仕事にどう生かすかは別にして…(笑)。

 ただ、思ったのは、雑誌の記事のタイトル、見出しなどは、コピーライティングの勉強(参考)になるな~ということ。言葉の勉強に、また、ブログのレベルアップ(?)に役立つかも知れません(笑)。

 雑誌1冊(590円)で、ウキウキしている自分が可愛いです。月2回発行だそうで、しばらく買ってみようかな。

 さて、明日は心理臨床学会(聞くだけです^^)、あさっては息子の運動会と続きます。楽しみ~!


このページのトップヘ