ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2007年05月

 今年の5月は実にさわやかですね! 時々雨がふるけれど、それでも湿気のある日は続かなくて、過ごしやすい。うちの庭では、ジューンベリーが可愛い赤い実をつけ、チェリーセージ、イングリッシュ•ラベンダーも盛りを迎えています。(みんな強い植物たちなので、世話いらず…^^)

 ところで、夜に見る夢をときどき書き留めています。きっかけは…あまり覚えてませんが、やはり心理学を勉強し始めたことと関係してるかなあ。無意識の世界に関心があること、自分のことをわかっているようで、わかってない部分がたくさんあり、自分のことをコントロールできているようで、できていない領域もたくさんある(そっちのほうが多いかも)と思うから…。

 夢日記は、毎日ではなくて、時折、すごく印象的な夢をみたときだけ書いています。ときどき読み返すと、ほんと笑っちゃいます。夢って荒唐無稽…。人間って不思議だなあと思います。

 分析や解釈などを本格的にしているわけじゃありませんが、それでも、10年以上つけていると、いくつかのテーマのようなものが浮かび上がってくるから、おもしろい。自分の性格特徴がよく現れてるなあ〜と思うテーマもあれば、いまのところ解釈不能のテーマもあり、でも、いつか分かる時がくるかなと思ったり。

 先日の職場の宴会で、「夢日記をつけてるんです」と話したら、「さすが心理学者!」と珍しがられました(笑)。そして、調子に乗って、職場の人が出てきた夢を披露したら、大受け、大爆笑の渦でした…! こういう使い方もできますし、夢日記、あなたもどうですか?

 職場で、大学の心理学の先生を招いて勉強会をしました。定期的に来ていただいている先生であり、いつも10人前後のメンバーで、とても楽しくリラックスした雰囲気で学んでいます。

 今回、雑談のなかで、その先生が、「よく交通事故を起こす人います? 決まって同じ時期に」と質問をなげかけました。すると「は〜い!」と勢い良く手を挙げた人が…(私じゃないですヨ!)。その人は、今まで何回か、決まって6月に事故を起こしたそうです(ひえー、怖い!)。

 先生によると、たとえば、4月に職場で異動などがあった人は、緊張/疲れのピークが6月頃に来て、交通事故や大きなケがなどを起こしやすい。怪我や事故も、精神的疲れによるSOSの現れで、そういう意味では交通事故だって「心因性」と言える…、自分の疲れがいつ来るかというパターンを知って、大きな事故や怪我につながらないようにしましょう、というお話になりました。

 なるほどね〜…私の知り合いで、大きな事故や怪我に、おおげさに言えば定期的に(笑)あう人がいて、「これって心理的なものと関係あるのかな〜」と感じたことはあったんですが…

 もうすぐ6月。

 4月に変化のあった人は、大人も子どもも、疲れが出てくるころですね。不登校の相談も、件数的には6月がひとつのピークだったりしますし。気をつけて、のんびり過ごしたいですね〜★

このページのトップヘ