ワーキングマザーacoのシンプルな日々♪

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と高校生の母 acoのシンプルな暮らし。 好きな本、映画、ドラマの話、賃貸生活、子どものことなど

2006年12月

 今日の夕方、娘は夫と、ジジババの家へ出発しました。家族より一足先に、一人でお泊まりしようということになったのです(夫は明日、戻ってきます)。娘は保育園や学童でキャンプに行ったことはあるけれど、おじいちゃんちに一人で泊まるのは初めて。とっても張り切って、「楽しみ〜」と連発していました。    リュックに着替えと、宿題と、本(大草原の小さな家)と、サンタにもらった「たまごっちスクール ぜんいんしゅうごっち」を詰めて、でかけて行きました・・。声の大きい娘がいないと、家が静か〜!やっぱり寂しいですね。  で、今晩は、夫もいないし、息子と二人だけの夜♪ これってもしかして、出産後、病院で二人で過ごした以来ではないかしら…!   息子と二人で、サンタさんにもらった「きかんしゃトーマスのすごろく」をして、早々に布団を敷いて・・私が洗面所に行っている間に、なんとめずらしく、息子が寝てしまっていました。まだ8時です。やった〜!  なので、ブログを書き、9時から「のだめカンタービレ 最終回」が見られます(涙)。(のだめ、いままで1回しか見ていないですから…)  それと、今日、藤沢優月さんの「夢をかなえる人の手帳術」を読んでいて、気づいたのですが、私は小さい子どもがいるからこそ、時間を有効に使えているのではないかと思い当たりました。  普通は「子どもが小さいから、自分の時間がない」と思いがち。でも、もし、子どもがいなかったら(あるいは大きかったら)、きっと私は、テレビやネットサーフィンで夜更かしをしたり、友だちと飲み会、カラオケなど、「グレー時間」(by藤沢さん)を過ごしていたと思うのです。  今の私は、そうしたグレー時間がほとんどありません。子どもが小さいことで、夜のお誘いもほとんど断っているし、テレビもほとんど見ていません。その変わり、時間を惜しんで、好きな本を読んだり、日記を書いたり、ブログを書いたりしているので、かなりよい時間を過ごせているなあと(自分で満足できるという意味で)気づきました。それは、子どものお陰だったのです!     今日は、子どもからも夫からも解放されてしまったので、夜、どうなることか・・(笑)、でも明日まだ仕事あるので、ほどほどにしなくては!

Pict0008_3 23日は妹家族と友達家族を招いて我が家でイブイブパーティ。子どもたちが子ども同士で遊んでくれたので、大人6人でゆっくり話すことができ、楽しかったです。「妻を花にたとえると?」「夫を木にたとえると?」なんていうワーク(?)までしました(笑)。

24日は、教会の仲間14人で我が家でイブ礼拝&パーティをしました。

24日は持ち寄り形式。私は、パエリア風たきこみご飯、大根サラダ、シュトレンを作りました。好評でしたよ〜♪

ほかにも、ローストチキン、ピザ(デリバリー)、手作りデコレーションケーキなどなど、おなかいっぱいでした〜。

みんなで「きよしこの夜」を歌ったんだけど、これは、6番まで歌詞があるんですね。以前の「讃美歌」には3番までしか載っていなかったけれど。4〜6番までの歌詞が新鮮でとてもよかったので、ここに引用させていただきます。4番と6番です。

きよしこの夜 神の御子が 栄えの姿 惜しまず捨てて くだり給う 罪の世に

きよしこの夜 御傷示し すべての民に ゆるしの恵み 与え給う イエスキリスト

みなさんのクリスマス、いかがでしたか?

このページのトップヘ