ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

2005年12月

 2005年もあと数時間で暮れようとしています。今は夫実家で紅白歌合戦を見るともなく、見ています。(息子は8時過ぎに眠り、娘は紅白最後まで見るつもりです!)

 日記帳をひっくり返して、2005の年初に書いた自分の目標を読んでみました。なかなかできなかったことが多かったですねえ(笑)・・・目標の立て方も(抽象的で)良くなかった!ということにも気づきました。

 でも、目標に挙げなかったことで、予期しなかった(想定外の?)出会いや良かった経験がありました。娘の小学校、学童保育で、気の合いそうなお母さんたちと知り合ったこと、庭仕事や天然酵母パン作りに目覚めたこと、楽しく通える整骨院を見つけたこと、そして、ブログを始めたこと!!

 来年の目標も、日記帳に書きました。家族、仕事、健康、おカネ、趣味、読書、地域、霊性、とそれぞれの分野で、目標を挙げ、どうしたら達成できるか、具体的方法もかいてみました。目標は、水準を下げて(笑)、今やってることプラス少しだけがんばってみることや、意識して取り組むことを挙げてみました。これも、時間軸(手帳)のなかに落とし込まないと、意味がないそうですが・・・。

 今年はブログにお付き合いくださりありがとうございました!良いお年をお迎えください。

 25日の朝、7歳の娘と2歳の息子の枕もとに、プレゼントが。

  「わ、あった!」と、歓声をあげ、ぱっと飛び起きる娘。(いつもはぐずぐずして、着替えに時間がかかることかかること・・)

 娘のプレゼントは、色鉛筆、香りつき消しゴム、メモ帳・・・、息子のは、アンパンマンの人形。娘は「サンタさん、なんで私の欲しい物わかったんだろう!?すごおい!」と大悦び。(アナタ、ママに色鉛筆が欲しいといってたでしょ)

「サンタさんからもらうの、これで2回目!去年は、パパだった。知ってるもん」(←夫サンタはバレバレでした)。

息子は「サンタさんが買ったぁ」とコメントしておりましたが・・・(笑)。

10月には誕生日プレゼント、クリスマスは親戚からプレゼントをもらい、お正月はお年玉・・と、子供達にとってうれしいイベントが続きます。だから、サンタはこなくてもいいのに・・、クリスマスはイエス様の誕生日って覚えてくれるだけでいいのに・・・と親は思い悩むのですが・・・。娘の笑顔をみると、もうしばらく、サンタが来てくれてもいいのかなと思い直した今年のクリスマスでした。

このページのトップヘ