KIMG1956


今週月曜日から水曜日は、県内公立高校の願書受付期間。

息子の学校は、火曜日に公立受験者全員が、あさ自宅から高校へ向かいました。

同じ塾の友だちと3人で出かけたようです。

公立高校は、WEB出願をやってません

それどころか、本人でないと願書を受け付けないのです。

病気などの場合、代理人が行けますが、学校に連絡したり、身分証明書が必要とのこと。

これを知ってちょっとビックリしました!

地方ならともかく、首都圏で、私立志向の家庭も増えている。

息子の公立中学校は、半分以上が私立高校へ進むのに。

合否の発表も、学校での手渡しのみ。

なんだか、殿様商売?


ワタシの頃から変わってないな〜
教育行政は!と思いました。

でも、初めて受験を体験する子も多い、高校受験。

出願、発表がネットでさくさく
ではなく、

身体を運んで体感する、

やっぱり、大人になるための通過儀礼という意味があるように思います。

まあ、何年か後には、
公立も、ネットで、となるかもしれませんけどね!

さて、昨日高校でもらった書類で、面接の日もわかりました。

試験、特色検査、面接、と三日間も通うことになります。

ふ〜、たいへんだなあ

そして、合否発表まで10日も待たされるという、
親の忍耐力も試される〜

倍率の速報も出ました

息子にいうと、
倍率は関係ない!
と言い切ってました
塾で言われたのでしょう(笑)

悔いなきようがんばれ、そして、インフルエンザかかりませんように❢

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村