きのうは10月31日、日本でもすっかりなじみになってきたハロウィンでしたね。

勤務先の学校でも、生徒達がこっそり「トリックオアトリート」をしていて、ワタシもそのおこぼれに預かりました^^

ワタシにとって最高のハロウィーンであった理由は。。。

ENCORE!! Kazumasa Oda 2018 ツアーの最終公演、横浜アリーナに行ったからです!!

半年に渡る全国ツアー、その最終日を狙って、チケットを申し込み。。。

2週間前に送られてきたチケットは、

なんと、センター席(ふつうでいうところのアリーナ席)

ワタシが参戦した中で最高に、ステージに近いところ。

そして、友人と待ち合わせて、会場に入り、人の波をかき分けて、進んでいくと。。。

席は、5ブロック、ステージ向かって左の最前列からのブロックの、まえから5列目でした!

ステージ向かって左なので、小田さん始め出演者の入退場までばっちり見られる席です!

ひゃ〜 なんという幸せ!


ステージは、6時半過ぎに始まり、アンコール2回に、プラス、もう1曲やってくれて、10時近くまで。

途中、「御当地紀行」というビデオが流れる休憩を挟んで、3時間、全32曲でした!

小田さん、71歳、ハイトーンは変わらず。。。横浜アリーナは昨日に引き続き2日目でもあり、喉の調子がいまいち。。と言っていたけれど、ちゃんと声は出ていました!

そして、ときどき、手を目に当てて。。。汗を拭いているのかな?と思ったら、

「年を取ると、こみ上げるものがあってね。。」と語る小田さん。

涙を拭いていたようです(泣ける)


いつも、盛り上がる歌、「ラブストーリーは突然に」とか「Yes No」の時には、ステージを降りて、会場を駆け回り、お客さんにマイクを向けるのですが、

今回は、いつもよりまして、客席の奥をずんずんと歩いて(走って)いたような。

そして、1階席の一番上まで行き、車いすのお客さんたち、一人一人に握手していました。

これを見たのは、何度も行ったライブのなかでも初めて!感動しました〜(;_;)


会場を真っ暗にして、ピアノ1台だけで弾き語りをする「言葉にできない」

かと思うと、でっかいバルーンがたくさん出てきて、みんなで踊る曲も。

あ〜楽しかった!

感動の三時間をありがとう!です

あ、そうだ、ハロウィンにちなんだ歌を特別に披露して下さいました!

これはツアーの中でも昨日だけだと思う(自慢)

ピーターポールアンドマリーの
ア・ソーリンと言う曲

アコースティックギター二本で歌ってくれました

イギリスの民謡チックな数え歌のような曲です

ホントは輪唱できる曲みたいで、小田さんが50年前、二十歳の頃に歌ったとか言ってました!

歌詞はこちらのサイトにえいご、日本語がありました

http://blog.livedoor.jp/lemontree123/archives/736670.html

最後はクリスマスソングみたいになってて、面白い歌!
小田さんは、渋谷のハロウィンとはちがうでしょ、とか、それよりいいでしょ、とか、言ってました❣



三時間の感動と、足腰と腕の疲れとで、フラフラになって帰宅したハロウィンの夜。

最高の想い出になりました〜☆

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村