大学2年生のむすめは、7月末で前期の試験が終わりました。

なんと、1日は、寝坊してテストが受けられなかったそうです!

教職課程の必修科目の一教科。

あ〜あ

本人も、「おわったー」とがっくりしていましたが、

「もっと勉強しなさい、ということかな? あまりやってなかったから…また取ればいいや!」

と前向きに(?)とらえていました
^^
そして翌週から、初めての病院実習。

初めてなので

ひとりの看護師さんに一日ついて周る、それを3日間というスケジュール。

毎日、帰宅すると疲れた顔、そして、モヤモヤしている様子でした。

話を聞いてあげたかったですが
その日のレポートも書かなくてはならないし、翌日も朝早いしで、機会がなく、

今日やっと、夜に二人でファミレスにいき、スイーツ食べながらお疲れ様会をしました(笑)

いろいろありすぎて、言葉にならない〜と言いながらも、少しずつ、話してくれました。

病気で入院している人を見ること自体が初めての経験。

そうとは言わなかったけど、ある意味ショック体験だったと思います。

看護師になるためのイニシエーション(通過儀礼)と言えるかも。


けれど、患者さんがいろんなものをみせてくれた、患者さんに感謝、という言葉をむすめから聞いて、

ワタシも嬉しかったし、この子はこの道でなんとかやっていけるのでは?と思いました。

この3日間の実習で感じたこと、それは貴重なことだから、とにかくメモしておいたほうが良いよ! と、ワタシからアドバイス。

こうやって少しづつナースへの道を歩いて行くのですねー

これからも楽しみ❣

ブログランキングに参加しています
ワーキングマザー育児のロゴをクリックよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村