先週金曜日に、息子の中学から連絡メールが保護者宛に来ました。

学校からの、急な変更や、行事などのお知らせが届くメールです。

今回のメールは、3年生の保護者宛、「今日、1学期の成績票を渡しました」とのこと。

お〜 それはそれは! とびっくり。

いつも成績票は学期の最終日にもらうので、今回も、7月20日の終業式かと思っていたからです。

来週月曜から始まる三者面談を前に、3年生だけ前倒しで、成績を出したのだと思われます。

いいですね!

成績が出ていないと、進路の具体的な話はできませんから。。。



ということで、帰宅すると、先に帰ってきた息子が、

「全然ダメだった〜」と意気消沈気味に、通知票を出してきました。


みると。。。。

あれあれ、国語が下がっている!!

そして。。。上がっているものは。。。ないですね(涙)

けっきょく、2年の学年末成績(内申点の1/3を占めます)のマイナス1 という結果!


あーあ

3年の1学期は、いったん下げて、奮起させ、2学期(内申点の2/3を占める)成績では少し上がる、というのがセオリーらしいですが。。。

そのセオリー通りに、マイナス1でした(苦笑)


塾からは、2年の成績より、最低5ポイント上げるように言われているのに。。。。

ここから、どうやって6ポイント上げろというのでしょうか!!


内申点は、公立高校の受験に関係にも関係しますが、それでも、

公立校は、「内申点をみない」という枠もありますし(定員の10%ですが)

内申点を加味するにしても、当日の5教科の点数も合否を左右するので、

内申点が悪くても、大丈夫といいえば大丈夫。

ですが、私立の併願校(いわゆる滑り止め)は、内申点のみで決まる(学校同士の相談で内定がもらえる)学校が多いので、

このままだと、併願校選びが、どうなるかな〜という感じです。

(塾に進められた併願校は、いまのままだと基準に満たないです。汗)


こういう成績をみてしまうと、

「なんのために塾に行ってるのかね? 塾やめたら?」と言ってしまいそうになりましたが、

なんとか、飲み込みました^^


内申点を上げるのは難しいんだな〜 うちの子にとって、と思うしかありません。

けれども、学校や塾の宿題など、言われたことは一生懸命やっているし、

勉強いやだとは言わないので、

このままやってもらうしかないですね〜



ブログランキングに参加しています
ワーキングマザー育児のロゴをクリックよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村