o0640048012983316597


きょうは、勤務先の中高一貫校で、「思春期の親のためのアンガーマネジメント」という講座をさせていただきました。

(10回連続の思春期講座のなかのひとつとしてです。親のためのこのような講座のある素敵な学校です!!)


寒いぐらいの雨天の中、50名ほどのお母さん、お父さんたちが集ってくださいました。


講座は、いつものように、グループワークをたくさん取り入れ、楽しく笑いでいっぱいの時間になりました^^


そのなかで、「べきログ」ーー自分の「べき」つまり、理想や期待を見直す、というワークをしたのですが、


みなさん、子どもに対する「べき」(すべき、あるべき)、そしてご主人に対する「べき」も書いてくださいました。


自分の期待や理想をはっきりさせておくこと、自分の望みを明らかにすること、大事ですね。


理想や期待があるということは、「あきらめていない」ということ! 
愛しているからあきらめないのでしょうか!?


(ワタシなんか、夫に対してはあきらめてるかも〜!って思いました^^)


愛しているから、期待する。そして期待が大きいほど、それが裏切られたときの怒りも大きくなる。


「怒りは身近な人に対するほど強くなる」といわれるのは、こういうことなんだな〜と思いました。





最後に、この連続思春期講座の主催者であるこの学校の先生より、まとめのお話をいただきました。


印象的だったので、ここにシェアします(必ずしも一語一句を再現していません)




毎年、新しく先生になった方への研修で、必ず伝えていることは、


「自分の準拠枠ー理想ーをいかに崩せるかが良い教師になるかどうかの鍵である」


とのこと。




なるほど〜!!と思いました。


「教師はこうあるべき」「生徒はこうあるべき」という理想をいっぱいに描いて先生になられた新人の先生。


現場で、その「べき」が崩されるとき、自分の「べき」をいかに柔軟に変えていくことができるか、それが大事、という意味かもしれません(ワタシの解釈です)




親も同じかもしれない、とその先生はおっしゃいました。


親として、自分の準拠枠、「子どもはこうあるべき、こうすべき」「夫は(妻は)こうあるべき、こうすべき」「家庭はこうあるべき」といった信念・価値観が、現実の生活の中で揺さぶられるとき、いかに柔軟に対応できるか。


子どもに対する暖かい「まなざし」を忘れないでほしい、とのメッセージの言葉で締めくくられ、心の温かくなる講座となりました。




子どもや夫への期待・理想は、高く持っていてもいいと思います。


でも、ワタシのモットーは、「理想は高く、ハードルは低く」です。


自分の理想や期待をむやみに押しつけて、達していないと怒ったりするのでなく、
(ときには怒っちゃいますけど。汗)


いまの子どもの現実をまずよく観る、そして受け止める。


そして、低いハードル(目標)を作りながら、未来の理想に対して、一歩一歩、進んでいく。


そんなイメージです。


いまできていることから始めるということを大切にしたいと思ってます。


そのうち、「理想や期待」を書き換えなければならないときが来るかもしれません。


自分のかたい枠を変えざるを得なくなるかもしれません。


自分が否定されるようで、つらいかもしれないけれど、

もしかすると、それが子育ての醍醐味であり、結婚生活の醍醐味であるのかもしれない。。。

そんな気づきがうまれた貴重な時間でした☆



ブログランキングに参加しています
ワーキングマザー育児のロゴをクリックよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村