ワーキングマザーのシンプル&スローライフ

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母 acoのシンプルな暮らし

臨床心理士(心理カウンセラー)で大学生と中学生の母、acoです。
賃貸3LDKでのミニマルな4人暮らしを綴ります☆
子育て、読書、料理、ときどきお出かけ etc.

「成功する子 失敗する子ーー何が「その後の人生」を決めるのか」
アメリカのジャーナリスト ポールタフの本を読みました。

ある起業家が推薦していたからです。
その人は「これは子どもだけでなく、大人にも当てはまる」と言っていました。

本の内容は、おもにアメリカの教育学、心理学、脳科学の研究成果、たとえば、
子どもたちにあるプロジェクトを経験させて、その後どうなったかという縦断研究が数多く載っています。

結論がちょっとわかりにくいかなと思いますが、
IQ検査で測れる「知能」=認知的スキル よりも
非認知的スキル=性格、人格、気質と呼ばれるものに焦点をあてて、
その重要性を訴えているのかなと。

それより先に、「成功」の定義がはっきり書かれていません。
推測するに、「成功」とは、「失敗でないこと」
そして「失敗」とは、高校をドロップアウト、十代での妊娠、出産、
ドラッグや暴力、そして、犯罪。
子どもへの虐待、貧困の連鎖。。。。

そうでないことを「成功」としているんだろうと思います。
高校を卒業して、大学に入り
大学を卒業する(アメリカではこれが大変!)
とりあえずこのへんまでを成功としているようです。

著者は、子どもの貧困と教育政策に関心があるようですので。

わかったことをとりあえず箇条書きにしてみます。
(本に出てくる順番で)

〇子ども時代の逆境(虐待など強いストレス)は、発達段階の体や脳にダメージを与える。
(神経内分泌学、ストレス生理学)

〇子ども時代の逆境ストレスから最も強く影響を受けるのは脳の前頭前皮質であり、
感情や認知面の自己調節機能に関係する。
自制心や感情コントロール、また実行機能(思考の制御)が弱められる。

〇乳児期に親(養育者)からネグレクトされずに適切なケアをうけた子どもは、
その後、自立心が強く積極的に。

〇幼少期の親との愛着関係(アタッチメント)が安定していた子は、
高校を中退せず卒業できる確率がそうでない子に比べて高い。

〇しかし実行機能や、ストレス対処、感情を抑制する能力は、思春期以後でも改善できる。

〇KIPPというプログラムの高校では、学業不振だった生徒が高校を卒業し、大学へ行くことを支援。

〇KIPPの卒業生で大学を卒業できた人は、成績スコアよりも、
楽観的、柔軟性、コミュニケーション能力、自制心が高い人だった。

〇IQの高さよりも、自制心、内発的動機付け、勤勉性、楽観性、好奇心
そして「やり抜く力」=GRITが、成功の鍵である。

〇思春期の子どもがこうした非認知的スキルを身につけるためには、
子どもの能力を信じて改善を提案してくれる大人の存在、
伴走してくれる教師やコーチなどが必要。

〇やり抜く力や自制心は、乗り越えられる程度の「失敗体験」を通して得られる。
耐えられる程度の逆境や失敗から学ぶことが必要。
だから恵まれ過ぎた環境はデメリットになることも。


すごくおおざっぱに抜き書きしましたので、
興味のある方は、本書をあたってくださいね!

チェスの天才選手の話(日本でいえば将棋ですかね)や、
性格をはかるには?という話もあり
おもしろいですよ〜



ワタシは学校に勤務していることもあって(カウンセラーとして)
教師の果たす役割って大きいなあと改めて思いました。

ワタシの学校にも(中学、高校) 生徒に寄り添い、励まし、
知的好奇心を刺激し、いろいろな体験を与え、
一緒に考えてくれる素晴らしい先生がたくさんいらっしゃいます^^
ワタシも「チーム学校」のメンバーに加えていただいて
一緒に働いていることを幸せに思ったのでした。









ブログランキングに参加しています↓
応援ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




_9243001



この辺の地域では、私立、公立の高校入試がそろそろ終わるころかと思います。

息子の先輩たち、どうなったかなあと思いつつ、
そろそろ息子も、来年の入試に向けて、
志望校を具体的に考えるべき時期に入ってきたのかな?と思ったり。

じっさい、決定はもっとずっと先ですけどね〜


いろんな高校を知って志望校を考えるために
春から見学など行きたいですが、なにせ休日は部活なので、
引退するまで、ほとんど行かれないのです〜


息子に「行きたい高校ある?」と聞いても、
「知らないよー!
どんな高校があるか知らないし、
行ったことないからわからない!」というばかり。

やれやれです。

しかし先日、また懲りずに同じ質問をぶつけてみたら、

「〇〇XX」と具体的に高校名を出してきました。

なんちゃって〜
とおちゃらけた雰囲気でしたが
ワタシにとっては、お、お〜〜!
ワタシの辞書になかった高校名だったので、
新鮮でした!

塾で名前を聞いたのかもしれません。

本人は難易度などわかっているのか、いないのか?
不明ですが。。。


さっそくちょっと調べてみました。

相当がんばらないといけませんが、
可能性がないわけではない

目標にしてみてもいいかも!
と思いました。



むすめの卒業したふつうの公立高校とは違い
特色のある学校。

ふつうの公立高校の雰囲気は
ワタシにもだいたいわかります。

部活に燃え、行事に燃える。
リア充多し。
勉強は、学校ではしない。塾に行く。

こんな3年間です。

むすめは、思い切り部活ができ良い友達ができ
楽しい高校生活が送れたと満足でしたが、
(それなりにリア充もあったみたいだし)

クールな息子はそういうタイプでない。。。

変わった学校、おもしろい体験ができる学校に行くのもよいかも?

と思えてきました。

というか、ワタシ自身が、
ふつうの高校にそれほど新鮮さを感じなくて
ワクワクしなくなってしまったんですよね(爆)

ワタシが高校に行くわけじゃないとわかってるのですが。。。(苦笑)

いまは、息子が名前を出したこの学校に
「行かせたい!」という気持ちが一気に強まってしまいました(笑)。



そのためには猛勉強してもらわないと、なんですけどね!

そして、この学校をよく知って、
ここに「入りたい!」という気持ちになって
もわらないと。。(笑)
そのためにがんばろーっと思います^^




ブログランキングに参加しています↓
応援ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




今日はバレンタインデー♪

勤務先の学校は、去年までは友チョコの交換、先生へのプレゼントで大騒ぎ、大盛り上がりでしたが、今年から、いろいろ考慮の末、「自粛」ということに。

生徒達は残念がっていますが、静かな落ち着いた1日でした♪

女子同士で交換する習慣ができてから(ワタシたちの頃はなかったなあ)
もらえた、もらえなかったと、がっかりしたり傷つく子もいるようで。。。

あ、もちろん学校外では自由ですので、やりたい子たちは外で交換していると思います。

で、わが家のバレンタインデー

むすめは 「弟に」と買ってきていました(優しいねえ。涙)

ワタシは、手作りすることに♪


といっても、6時半に帰宅してから作るので、
本格的なものはできませんよ!
(いや、時間があってもしないかも。汗)

お得意の、炊飯器で焼くケーキです^^


「炊飯器 チョコレートケーキ」でググると、

良さそうなのがありました!

https://cookpad.com/recipe/1080812



用意するものは、

チョコレート
低脂肪生クリーム
ホットケーキミックス

だけです。

お好みで洋酒、とありましたが、
ワタシは使いませんでした。

また生クリームもお店になかったので(売り切れか)
牛乳で^^ そして、バターをちょい足ししました。


驚きのレシピ!と書いたのは、
文字通り、作り方をみて、びっくり!
え?ほんとに?と 何度か見直してしまいました。


まず最初に、炊飯器のお釜に、適当に割った板チョコを入れて、
蓋をあけたまま、炊飯スイッチオンするのです!

とろとろになるまでかき混ぜればオーケーなの!
お湯をつかわないでチョコを溶かすのです!

湯煎でめんどくさいじゃないですか?(ワタシだけ?)

お湯を用意したり、
万が一、チョコに水がはいってしまうとそこでダメになっちゃうし。


素晴らしすぎる合理的なレシピ!
炊飯器ならではのメリットを最大限に利用していて、
感動すら覚えました。笑

そして、卵を加える段階で、スイッチをいったんオフ。

粉も加えてまぜまぜ。

ボールを使わずにすむのもいいですね!

うちの炊飯器はケーキモードがあるので、
それで焼き上げるだけです!

まつこと45分。できあがりました〜

KIMG1967


うえに乗っている豚ちゃんは、むすめが友達にもらったチョコ^^

お味は、といいますとね、

うん、うん、ふつうのチョコレートケーキ(爆)
でも、もっちり、しっとり! 美味しいブラウニーでした^^

味にうるさい息子も、「なにこれ?もっちもちだね!美味しい♡」とご満悦。
よかった〜



断面はこんな感じ

KIMG1970


うえに乗せた豚ちゃんチョコレートがいつのまにか溶けていました!
シュールですね。汗
あら熱をしっかりとらなかったから。。。



息子は明日から学年末テストです。がんばれ〜




ブログランキングに参加しています↓
応援ポチッとよろしくお願いします



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




このページのトップヘ